【最新】ダンロップ テニスラケットおすすめは?一覧・特徴・評価

テニス商品

2019年に日本でなじみのスリクソンメーカーから本家のダンロップメーカーへとブランドが変わりました。

日本のトップ選手の多くがスリクソンを使用しており日本では非常に人気のメーカーでしたので、ダンロップに変わったことでラケットのラインナップや特徴の変化など気になるところだと思います。

ダンロップのテニスラケットはどのような特徴があり、どんな種類のラケットがあるのかを現役のテニスコーチが解説するとともに、どんなプレーヤーにおすすめなのかもお伝えしていきます!

スポンサーリンク

ダンロップのテニスラケットの特徴

ダンロップのテニスラケットの大きな特徴は3つあります。

・スリクソンからダンロップへと変わった
・柔らかい打感に定評がある
・コントロール性能抜群!

2018年末にスリクソンからダンロップへと呼び方が変わり、ステンシルもダンロップのものとなりましたが、元々ダンロップ社の中で日本向けにと作られてたのがスリクソンとなります。今回約10年ぶりにダンロップに戻ったということになりますが、スリクソンを手掛けていた開発チームの多くはダンロップのラケット開発にも携わっているようで、日本人からしたらスリクソンに近い打感でダンロップのラケットを使うことができそうですね。

日本人に大人気のダンロップ(スリクソン)ですが、過去にはジョン・マッケンローやグラフ、サフィンなども使用しており、世界的にも人気を博しています。

打感はというと、他メーカーと比較してもしなりを感じ柔らかめの打感となっています。柔らかいだけでなく面の安定性にも優れており、コンフォート(快適性)を感じることができるのがダンロップのテニスラケットです。

ダンロップのテニスラケットの種類

ダンロップのテニスラケットの主戦力となるCXシリーズとSXシリーズの2つとなり全4種類となります。

CX200
CX400
SX300
SX600

ラケット名に表記されている数字が小さいほど競技者向けのラケット、大きいほど一般向けのラケットとなり、非常にわかりやすいラインナップとなっています。

CX200シリーズ


ダンロップの競技者向けラケットの中でも、フラット系のショットを主体としているプレーヤーに向いているラケットです。

CX200シリーズは全5機種の重さやストリングパターンが異なるラケットがあり、プレースタイルによってお好みのラケットを選ぶことができます。

・CX200TOUR「18×20」(315g)
・CX200TOUR(310g)
・CX200(305g)
・CX200プラス(305g)
・CX200LS(290g)

パワーもしっかり出せますが、一番の特徴はしなる打感と安定性!フラットでガンガン打っていくプレーヤーにもってこいのラケットです。

ーCX200のインプレ記事はこちらー

SX300シリーズ


ダンロップの中でもスピン系に特化したラケットがSX300シリーズとなります。

CX200同様にSX300も全5機種から選べることができ、重いものでは310g軽いものでは270gと競技者から女性まで幅広い層が扱える万能ラケットとなっています。

CX300TOUR(310g)
CX300(300g)
CX300LS(285g)
CX300ライト(270g)

柔らかい打感に加え、弾道補正機能といった新しいテクノロジーを採用し、スピン量を調整しながら安定感+パワーが味わえるラケットで、CXシリーズとは毛色が異なるラケットとなります。

ーSX300シリーズの詳細はこちらー

CX400


ダンロップで女性におすすめしたいのがCX400となります。

上で紹介したCX200と同様の機能となりますが、女性が扱いやすい285gでさらにフレーム厚も24㎜と暑さがあるため、簡単にボールを飛ばせるのが魅力のラケットです。

CX200同様のレッド・ブラックのカラーの他に、日本限定カラーとなるレッド・ホワイトもあるため、デザイン性も女性にとってはうれしいですね。

打った時の衝撃が少なく、フラットでボールを簡単に飛ばせるため、ダンロップの中でも最も快適にテニスを楽しむことができるラケットになります。

SX600


CX600シリーズの軽量モデルとなるのが270gのSX600。

一般的に軽量モデルはボールを楽に飛ばせる使用となりフラット主体のラケットが多いですが、SX600は軽量モデルでありながらしっかりスピンをかけることができます

SXシリーズの特徴でもある弾道補正機能もついていますので、ある程度しっかり振ってもドカーンと飛ばずにコートに収まってくれるラケットです。

軽量ラケットでもしっかりラケットを振っていきたいというプレーヤーにうってつけのラケットとなります。

ウィルソンのテニスラケットのおすすめプレーヤー

フラットを打ちたい競技者向け【CX200】

おすすめプレーヤー
・フラットを主体としたプレーヤー
・サーブ速度をあげたい方

おすすめできないプレーヤー
・スイングスピードがゆっくりな方
・スピンをガンガンかけたい方

 

スピンを打ちたい中級~競技者向け【SX300】

おすすめプレーヤー
・柔らかい打感が好きな方
・パワーのあるスピンボールを打ちたい方

おすすめできないプレーヤー
・弾く打感が好きな方
・シャープな打球を求める方

SX300インプレ記事➡ダンロップ SX300のインプレ!打感や特徴を現コーチが評価
SX300LSインプレ記事➡ダンロップ SX300LSをインプレ!打感や特徴を現コーチが評価

体に優しい打感!女性におすすめ【CX400】

おすすめプレーヤー
・初級~の男性プレーヤー・初中級~の女性プレーヤー
・肘にやさしいラケットを求めている方

おすすめできないプレーヤー
・ガンガンラケットを振る方
・スピンを求めている方

初心者・年配者・ジュニアにおすすめ【SX600】

おすすめプレーヤー
・スピンをかけたいジュニア
・柔らかい打感を求める年配者
・腕力に自信のない方

おすすめできないプレーヤー
・ガンガンラケットを振る方

テニスラケットまとめ

ダンロップメーカーは、マイルドな打感が特徴で体に優しいラケットが多いため、怪我なくテニスを楽しみたいという全テニスプレーヤーの要望に応えてくれます。

昨今では現代テニスに適応するためパワー面はもちろん、ガンガン振ってもコートに収まるような安定性にも着手しているラケットとなっているため、他メーカーと比べても比較的難易度が優しいものが多いですね。

CXシリーズはフラット主体・SXはスピン主体と非常にわかりやすいラインナップなので、選ぶ際も迷うことなく購入できるのもダンロップの強みとなっています。

個人的には、ダンロップは誰が使っても快適にテニスができる印象がありますが、打球時の衝撃をしっかり感じたいという方にはダンロップラケットでは物足りないかもしれません。

怪我の心配をせずにガンガン振っていきたい方はダンロップのラケットは非常にマッチしますので、今までスリクソンを使ったことがないという方も、ダンロップ表記に変わったことを期に一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています

コメント