HEADラケットの新指標『CPI』とは?一覧・選び方・比較

HEADのラケット選びの新指標となるCPIについて解説していきます。

また、CPIを機種別と数値別で一覧にしていますので、ラケット比較の参考にしてください!

スポンサーリンク

HEADラケット「CPI」とは

CPIとはコントロール・パワー・インデックスの頭文字をとったもので、HEAD独自のラケット分類指標です。

HEADラケットのスペック表でCPIの文字あったら、コントロール重視なのかパワー重視なのかを表しています。

新指標となるCPIの見方は以下の通りです。

  • 数値は100~1000で表記(CPI200など)
  • 数値が小さい(CPI100)程、コントロール重視
  • 数値が大きい(CPI1000)程、パワー重視
  • CPI500前後が基準値

CPIはHEADのラケット選びの指標となり、重要な表記になってきます。

ラジカルMPやラジカルSなど、同じラケット名でも種類がいくつかあり、どっちがよいか迷うこともあるかと思います。

そんな時、CPIに注目するとこで、どの種類のラケットを選べばよいかのサポートをしてくれますね!

以降は、HEADのラインナップ全6機種のCPIを、機種ごとにご紹介していきます。

 

HEADラケットのCPI一覧|機種別

HEADラケットのCPI数値を、ラインナップごとにまとめました。

機種でラケットを選ぶ際は、CPIが選び方の目安にするとよいでしょう。

プレステージ2020
MIDMPPROTOURS
100200300400500
グラビティ2021
PROTOURMPMP LS
200300400500600
ラジカル2021
PROMPSLITE - 
200400700800 - 
スピード2020
PROMPMP LSLITEPWR
3005006007008001000
エクストリーム2020
TOURMPMP LSPWR
5006007008001000
インスティンクト2020
MPSLITE -  - 
600800900 -  - 

HEADのラインナップを分類すると以下のような感じです。

  • プレステージ…コントロール特化タイプ
  • グラビティ…コントロール重視タイプ
  • ラジカル…コントロール寄りのバランスタイプ
  • スピード…パワー寄りのバランスタイプ
  • エクストリーム…パワー重視タイプ
  • インスティンクト…パワー特化タイプ

その中でも、飛び方に違いがありますので、CPIを参考値にするとよいでしょう。

書くラケットの性能について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください!

 

HEADラケットのCPI一覧|数値別

HEADのラケットをCPIの観点から、以下のようにタイプを分類しています。

  • コントロール型|CPI100・200
  • コントロール寄り|CPI300・400
  • バランス型|CPI500・600
  • パワー寄り|CPI700・800
  • パワー重視|CPO900・1000

同じCPI数値のラケットをまとめていますので、選ぶ際の参考にしてください。

\機種ごとの比較記事/

 

コントロール型|CPI100・CPI200

CPI100プレステージMID
CPI200プレステージMP
グラビティPRO
ラジカルPRO

CPI100・200はコントロール向けとなり、ツアーモデルのラケットが多いです。

かなりボールの飛びが抑えられているので、スイングスピードが速い競技者向けとなります。

 

バランス型(コントロール寄り)|CPI300・CPI400

CPI300プレステージPRO
グラビティPRO
スピードPRO
CPI400プレステージTOUR
グラビティMP
ラジカルMP

CPI300・400はコントロール寄りとなり、一般向け~ツアー向けのラケットが多いです。

しっかり自分から打っていきたい上級者や競技者向けとなります。

 

バランス型|CPI500・CPI600

CPI500プレステージS
グラビティMP LITE
スピードMP
エクストリームTOUR
CPI600グラビティS
スピードMP LITE
エクストリームMP
インスティンクトMP

CPI500・600はバランスの取れた機種で、一般プレーヤー向けのラケットが多いです。

飛びもコントロールも両立しており、中級~上級まで幅広く対応しています。

 

バランス型(パワー寄り)|CPI700・CP800

CPI700ラジカルS
スピードS
エクストリームMP LITE
CPI800ラジカルLITE
スピードLITE
エクストリームS
インスティンクトS

CPI700・800はパワー寄りとなり、軽量モデルのラケットが多いです。

比較的楽にボールを飛ばせるラケットになるため、初級者や女性向けになります。

パワー型|CPI900・CPI1000

CPI900インスティンクトLITE
CPI1000スピードPWR
エクストリームPWR

CPI900・1000はパワー向けとなり、厚ラケモデルのラケットが多いです。

ラケットの力を借りたいシニア層向けになります。

 

HEADラケットの新指標CPI|まとめ

CPIの表す数値を知ることで、より求めるラケット選びのサポートとなります。

  • CPI100~300  …コントロール重視
  • CPI400~600  …バランス型
  • CPI700~1000…パワー重視

例えばプレーステージなどは競技者以外使えないラケットという認識が強いですが、CPI500のものもあり、一般ユーザーでも使用できることがわかりますね。

HEADのラケットを選び際は、CPIに注目してみると、意外な発見があるかもしれません。

※HEADの最新作ラケットは「グラフィン360+」の表記があります。

 

\おすすめ記事/

スポンサーリンク

 

おすすめのテニスラケット一覧

 

コメント