Wilson クラッシュとブレードの違いを比較【最新】おすすめは?

Wilsonの現行最新モデル「クラッシュ2019」と「ブレード2020」の違いを、現役のテニスコーチが解説していきます。

僕に合ってるのはどっちなんだろう。

クラッシュとブレードの違いを分かりやすく教えて!

管理人
管理人

両ラケットともフラット系でラケットがしなる部類ですが、クラッシュはパワー系・ブレードはコントロール系に分類されます。

クラッシュ2019とブレード2020で、打感や操作性の違い等を詳しく解説していきますね!

スポンサーリンク

Wilson クラッシュとブレードのスペック比較

クラッシュとブレードのスペックを、代表的な98と100で比較していきます。

ー98のスペックー

98クラッシュブレード
フェイス9898
ウエイト310305
バランス306320
フレーム厚23.5-23.5-23.521-21-21
パターン16×1916×19 18×20

ー100のスペックー

100クラッシュブレード
フェイス100100
ウエイト295300
バランス310320
フレーム厚24-24-2422-22-22
パターン16×1916×19 18×20

  • クラッシュ
    しなりが強い中厚ラケ
  • ブレード
    しなりが強めの薄ラケ

Wilson クラッシュとブレードの特徴

クラッシュとブレードの共通点として「しなり」が強いことが挙げられますが、特徴の違いもあります。

  • クラッシュ
    柔らかい打感・飛んでくれるパワー感
  • ブレード
    シャープな打感・凝縮されたパワー感

クラッシュは、ウッドラケットのようにしなる打感が大きな特徴です。
柔らかさはダントツで、コントロールも両立し、相反する特徴を見事融合したラケットです。

ブレードは、しなりのある黄金スペックの立ち位置。
黄金スペック特有の弾いて飛ばす感覚でなく、ツアーモデルの打球感を実現してくれるラケットです。

Wilson クラッシュとブレードの違いを比較

  • クラッシュ
    フラット気味で押し出すように打つ人に最適
  • ブレード
    フラットドライブでしっかり打ちたい人に最適

両方ともフラット系に向いているラケットですが、毛色がかなり違います。

打感・操作性・コントロール・パワー・回転の5つの項目ごとに両ラケットを比較していきますので、ご参考ください。

打感

「柔らかさ」クラッシュ>>ブレード

  • クラッシュ…食い付いて飛び出す
  • ブレード …掴んで弾く

両ラケットともに柔らかい打感ですが、タイプが異なる柔らかさです。

クラッシュの柔らかさは、現行ラケットでトップクラス。
しなりを大きく感じ、ボールを押し出す感覚が強いです。

ブレードも薄ラケということを考慮すれば、柔らかいです。
ただ、クラッシュと比べると掴んで弾く感覚が強く、しっかりした打感になります。

管理人
管理人

グ~っと押し込むような打感ならクラッシュ
インパクト時の一瞬の柔らかさならブレード

操作性

「操作性のしやすさ」クラッシュ<<ブレード

  • クラッシュ…標準的
  • ブレード…振りぬき抜群

操作性はフレームが薄いブレードが抜群です。

クラッシュが悪いわけではなく、ブレードの操作性が良すぎます。

クラッシュも苦にはなりませんので、操作性重視でないのなら、そこまで気にしなくてOK!

管理人
管理人

しっかり押し出していくならクラッシュ
振りぬきを重視するならブレード

コントロール

「狙いやすさ」クラッシュ<<ブレード

  • クラッシュ…コートに収まるコントロール
  • ブレード …イメージ通りの弾道を表現

両ラケットともコントロールは比較的よいですが、コントロールの質が少し異なります

クラッシュは、勢いよく飛び出していきますが、コートにしっかり収まってくれます。
ただ、速く振りすぎるとボールの制御が効かないことも…

ブレードは、振れば振るほど、イメージ通りのコントロールがしやすいです。

管理人
管理人

小さなスイングで勢いとコントロールならクラッシュ
しっかり振っていく中でのコントロールならブレード

パワー

「ボールの勢い」クラッシュ>>ブレード

  • クラッシュ…ボーンと飛び出すパワー感
  • ブレード …凝縮されたパワー感

パワーのタイプが異なりますが、単純な勢いでいえばクラッシュです。

クラッシュは、最小のスイングでもボールの勢いを出してくれます。

ブレードは、スイングスピードに応じたパワー感で、余計なアシストがなく素直です。

管理人
管理人

腕力に自信がないのならクラッシュ
スイングスピードに自信があるならブレード

スピン性能

「スピン量」クラッシュ<<ブレード

  • クラッシュ…自然とかかる感覚の回転
  • ブレード …スイングに応じた回転量

スピンのかけやすさという点で見れば、ブレードです。

クラッシュは、普通に振れば自然と回転もかかってくれる感覚があります。
逆に、回転をかけようとすると、飛び出しの勢いが強い分、イメージよりもボールが飛んでいく感覚です。

ブレードは、引っ掛かりを感じやすく、意図した回転がかけやすい!
ただ、過剰なスピンアシストがあるわけではありませんので、あくまでコントロールをつけるためのスピンという認識がよさそうです。

管理人
管理人

自然なスピンアシストならクラッシュ
必要に応じて回転をかけるならブレード

Wilson クラッシュとブレードのおすすめプレーヤーは?

クラッシュおすすめプレーヤー

  • フラット系主体
  • 小さなスイングで勢いを出したい
  • 腕力に自信がない
  • ゆったりめのスイングの人

クラッシュ100インプレ・評価
クラッシュ100Lインプレ・評価
クラッシュ100Sインプレ・評価

ブレードおすすめプレーヤー

  • フラットドライブ主体
  • シャープなボールを打ちたい
  • スイングスピードが早め
  • オールラウンダー

ブレード100 V7.0 インプレ・評価
ブレード100L V7.0 インプレ・評価

Wilson クラッシュとブレードの比較まとめ

■打感の柔らかさ クラッシュ>ブレード
■振り抜きの良さ クラッシュ<ブレード
■ボールのパワー クラッシュ>ブレード
■コントロール  クラッシュ<ブレード
■スピン     クラッシュ<ブレード
■スライス    クラッシュ>ブレード
フラット系を主体でしなるラケットが好きならクラッシュもブレードも適しています。

ラケットの力を借りる感覚ならクラッシュ・自分から振っていく感覚ならブレードといった感覚がよさそうです!

クラッシュかブレードかで迷っている人は、参考にしていただければ幸いです。

\おすすめ記事/

スポンサーリンク

おすすめのテニスラケット一覧

 

コメント