HEADのテニスラケットを比較!レベル別のおすすめは?

2020年現在、HEADから出ている主要のテニスラケット6種類の性能を現役のコーチがレベル別に分け比較をしていきます。

HEADのラケットを比較してほしい

私に合うレベルのラケットが知りたい

管理人
管理人

HEADのラケットは一見性能がわかりずらいですが、打ってみるとコンセプトがはっきりわかります!

すべてのラケットを試打した僕が、レベル別におすすめのラケットを比較します。

参考にしてください。

 

スポンサーリンク

HEADのテニスラケットの特徴を比較

 

シリーズ 特徴 発売月
プレステージ 競技者向け・コントロールに最特化 2018/7
グラビティ ズベレフモデル・しなり+食いつき感 2019/8
ラジカル オールラウンダー・癖のない万能ラケット 2019/6
スピード ジョコモデル・コントロール+パワーの両立 2018/12
インスティンクト パワー系担当・初速が早く爽快感UP 2017/8
エクストリーム スピン系担当 2017/8

HEADは基本的にツアーモデルラケットが主となっています。

だからと言って初心者が使えないかというと、そうではありません。

各機種ごとに幅広い重量のものをそろえているので、軽めのラケットを使いたい方にも対応したラインナップとなっています。

ーHEAD全機種の特徴はこちらー

ヘッドのテニスラケットを評価|特徴やおすすめを機種ごとに解説
テニス界には、様々なメーカーがしのぎを削って、良質なラケットを世に出しています。数あるメーカーの中でも非常に人気が高いのが、ジョコビッチ選手が契約するヘッド(HEAD)メーカーですね。 ヘッドのテニスラケットはどのような特徴があり、ど...

 

以降はCPI(コントロール・パワー・インデックス)という数値を用いてレベル分けをし、比較をしていきます。

CPIとは
数値が低いほどコントロール重視
数値が高いほどパワー重視

 

競技者向け
…プレステージ・グラビティ

中級~上級向け
…ラジカル・スピード

初級~中上級向け
インスティンクト・エクストリーム

 

【競技向け】プレステージとグラビティの比較

プレステージ グラビティ
パワー 6
コントロール 10 9
回転 7
打感 しなって弾く しなって掴む
特徴 究極のコントロール 多彩なショット

※テニやろ調べ
※HEADラケットの中での10点評価

コントロールに優れた2機種。

自らのスイングでボールに勢いを与えていくラケット(競技志向)ですが、その中でもタイプは異なってきます。

 

性能比較

  • プレステージ
    →グラビティよりもスピードボールが打てる
  • グラビティ
    →プレステージよりも回転がかけやすい

 

フラット系はプレステージ・フラットドライブ系はグラビティといった仕分けとなります。

プレステージの方が難易度が高いですが、マシンでとらえた際の爽快感は別格!矢のようなスピードボールを打つことができます。

グラビティは回転がかかりやすい仕様になっており、相手の足元に落としたりなどのあらゆる場面で柔軟に対応してくれるラケットです。

 

\各ラケットの詳細記事/

 

おすすめプレーヤー比較

  • プレステージ
    →フラット系でコントロールしたい人向け
  • グラビティ
    →フラットドライブで幅広いプレーをしたい人向け

 

プレステージを使っている方は、他のラケットを使えなくなるほどの爽快感を得られますので、ヒットミスしない・スイングスピードに自信がある方は、うってつけです!

グラビティは、ある程度のスピードボールを主体に、必要に応じて回転をかけていきたい人・プレステージだと扱えない人に最適のラケットですね。

 

プレステージMP

 MID:93/320   PRO:95/315   MP:98/320   TOUR:99/305  S:99/295

※フェイス/重量

 

グラビティMP

 PRO:100/315  TOUR:100/305   MP:100/295   MPLITE:100/280  S:104/285

※フェイス/重量

 

【中級~上級向け】ラジカルとスピードを比較

スピード ラジカル
パワー 8 7
コントロール 8 8
回転 7 8
打感 掴んで弾く 食い付いて飛ぶ
特徴 ガンガンフラット 卒ない万能型

※テニやろ調べ
※HEADラケットの中での10点評価

幅広い層に対応した人気の2機種。

決して簡単なラケットではありませんが、女性にも使用できるスペックもそろっており、しっかりした打感を感じられる2機種を比較していきます。

 

 

性能比較

  • スピード
    →パワーを出せるコントロールモデル
  • ラジカル
    →各ショット高いレベルで打てる万能型モデル

 

ストロークでガンガン打っていきたい人はスピード・あらゆるショットをそつなくこなしたい人はラジカルという位置づけとなります。

スピードはパワーアシストが高いため、通常時の打球はもちろんですが食い込まれた際も威力のあるボールが打てます。

ラジカルは、自分のイメージするボールがそのまま結果となって飛んで行ってくれ、いい意味で突出したものがないことが最大のメリットです。

ジョコビッチ(スピード)とマレー(ラジカル)をイメージすると、わかりやすいですね。

 

\各ラケットの詳細記事/

 

おすすめプレーヤー比較

  • スピード
    →直線的なプレーを好むストローカー
  • ラジカル
    →立体的なプレーを好むオールラウンダー

 

スピードは、フラット系でガンガン打っていきたい人に最適!食い付き感もあり回転も程よくかけられますので、安心感をもって打球することができます。

ラジカルは、競技モデルの感覚で簡単なラケットを使いたい人に最適!フラット・スピン・スライス・ボレー・サーブどれをとってもイメージ通りに飛んでくれるラケットです。

 

スピード

PRO:100/310  MP:100/300   MPLITE:100/275  S:100/285 LITE:100/265 PWR:115/255

※フェイス/重量

 

ラジカル

PRO:98/310  MP:98/295   MPLITE:98/270  S:102/280

※フェイス/重量

 

【初級~中上級向け】インスティンクトとエクストリームを比較

 

インスティンクト エクストリーム
パワー 10
コントロール 6
回転 9
打感 弾く 引っかかる
特徴 パワー特化 スピン特化

※テニやろ調べ
※HEADラケットの中での10点評価

初心者や女性でも扱いやすい一般プレーヤー向けの2機種。

ラケット自体にパワーがある2機種ですが、その中でもパワー特化とスピン特化に分かれています。

 

性能比較

  • インスティンクト
    →腕力に自信がなくても威力あるボールが打てる
  • エクストリーム
    →スピンが苦手でも自然とボールに回転がかかる

 

攻撃的なテニスはインスティンクト・安定感のあるテニスはエクストリームといった仕分けになります。

インスティンクトは、打った際のボールの弾きが強く、思ったよりも威力のあるボールを打てるのが特徴です。

エクストリームは、打った際に食いつきや引っ掛かりを強く感じることができ、功を描いた弾道を打ちやすいラケットとなります。

 

\両者の比較記事/

 

おすすめプレーヤー比較

  • スピード
    →楽なテニスをしたい方・威力あるボールを打ちたい方
  • エクストリーム
    →安定したテニスをしたい方・スピンをかけたい方

 

インスティンクトはフラットでスマートにテニスしたい人に最適!腕力に自信がない人にもGOOD

エクストリームはスピンをかけたい人の登竜門として最適!これからスピンを覚えたい人のサポートをしてくれます。

 

 MP:100/300   MPLITE:100/265   S:100/285   PWR115/230

※フェイス/重量

 

エクストリーム

TOUR:98/305   MP:100/300   MPLITE:100/285  S:105/275 PWR115/230

※フェイス/重量

 

HEADのテニスラケット比較のまとめ

レベル別におすすめのラケット同士で比較をしてきましたが、もう一度簡単におさらいしていきます。


【競技モデル】
プレステージ→フラットでコントロールしたい
グラビティ→多彩なショットを打ちたい

【中級~上級モデル】
スピード→フラットでガンガン攻めたい
ラジカル→すべてのショットをそつなく打ちたい

【初級~中上級モデル】
インスティンクト→楽にボールを飛ばしたい
エクストリーム→スピンに挑戦したい


 

HEADは基本的に硬いと思われていたのは数年前の話です。

現在は柔らかさがあり、プレステージを覗けば一般プレーヤーが扱いやすいモデルとなっています。

 

それぞれに特徴がしっかりあるHEADのラケットですので、コンセプトにあったラケット選びをしてみてください!

 

おすすめのテニスラケット一覧

コメント