HEAD グラビティとスピードの違いを比較【最新】おすすめは?

HEADの中でもツアーモデルとして人気の「グラビティ2021」と「スピード2020」の違いを、現役のテニスコーチが解説していきます。

僕に合ってるのはどっちなんだろう。

グラビティとスピードの違いを分かりやすく教えて!

管理人
管理人

両ラケットともコントロール+スピンタイプに分類されます。
その中でもグラビティはボールの威力UP・スピードはボールのスピードUPといった感じ!

ラジカル2021とスピード2020で、打感や操作性の違い等を詳しく解説していきますね!

スポンサーリンク

HEAD グラビティとスピードのスペック比較

グラビティ2021とスピード2020のスペックを、代表的なPROとMPで比較していきます。

ーPROのスペックー

PROグラビティPROスピードPRO
フェイス100100
ウエイト315310
バランス315315
フレーム厚20-20-2023-23-23
パターン18×2016×19
CPI200300

ーMPのスペックー

MPグラビティMPスピードMP
フェイス100100
ウエイト295300
バランス325320
フレーム厚22-22-2223-23-23
パターン16×2016×19
CPI400500

グラビティの方が薄ラケスペックとなっています。

※CPI からもスピードの方が数値が大きく、パワー寄りのラケットといえますね。

  • グラビティ
    スピードに比べ薄ラケスペック
  • スピード
    標準的なスペック

※CPI…HEAD独自の指標。数値が低い程コントロール寄り、高い程パワー寄りとなります。

HEADラケットの新指標『CPI』とは?一覧・選び方・比較

 

HEAD グラビティとスピードの特徴

グラビティとスピードの特徴は以下の通りです。

  • グラビティ
    回転がかけやすいラケット
  • スピード
    ボールに打ち負けないラケット

グラビティは、変則的なスペックから、ラケットにしなりを与えつつボールに回転を与えていく特徴があります。

スピードは、ボールに打ち負けない強さがあり、ボールを押し込んでスピードを与えていくラケットです。

HEAD グラビティとスピードの違いを比較

  • グラビティ…コントロール+威力
  • スピード…コントロール+スピード

両ラケットともコントロールに優れたラケットですが、グラビティは威力あるスピン・スピードはボールスピードUPといった感じです。

両者を比較した場合

  • グラビティ…しなりを利用してひっぱたきたい人向け
  • スピード…面の強さを利用してしっかり打ちたい人向け

といった感じになります。

インプレ記事を上げていますので、参照ください。
グラビティMP インプレ・評価
スピードMP 2020 インプレ・評価

打感・操作性・コントロール・パワー・回転の5つの項目ごとに両ラケットを比較していきます。

打感

「柔らかさ」グラビティ>>スピード

  • グラビティ…しなりがある打球感
  • スピード…面全体で受ける打球感

打球の柔らかさは、グラビティの方が感じると思います。

グラビティは、ラケットのしなりが強く、『グーーッ』と掴んでる感覚。ソフト感覚でガットに乗ってるような打感ですね。

スピードは、フレームが強い分しなりが少なく、『グッ』とフェイス全体で受ける感覚。カッチリの中に柔らかさを感じる打感ですね。

管理人
管理人

HEADで柔らかい打感ならグラビティ
カッチリめが好きならスピード

操作性

「操作性のしやすさ」グラビティ>スピード

  • グラビティ…取り回ししやすい
  • スピード…標準的

操作性は全体を通してフレームが薄いグラビティの方が良い印象です。

ただ、スイングだけを見れば、スピードの方が振りぬきが良いので、ストローク重視ならスピードの方がよいかも。

管理人
管理人

ボレーも含めた操作性ならグラビティ
気持ちよく振りたいならスピード

コントロール

「狙いやすさ」グラビティスピード

  • グラビティ…回転でコントロール
  • スピード…面ブレの少なさでコントロール

両ラケットともコントロールは同等に優れています。

グラビティは、ラケットを振れば振るほどコントロールがしやすい印象。当てるだけでスピンが足らないと、少し飛びすぎる感覚があります。

ただ、グラビティPROに関しては、トップクラスのコントロール性能を誇ります。

スピードは、癖がなくシンプルにコントロールしやすい!特に球際やカウンター時の安定感が抜群です。

管理人
管理人

ガンガン振ってコントロールするならグラビティ
安定的なコントロールを求めるならスピード

パワー

「ボールの勢い」スピード>>グラビティ

  • グラビティ…薄ラケ部類ではパワーはある
  • スピード…程よい反発性能でパワー感十分

単純な反発力でいえばスピードになります。

グラビティは、スピードに比べ反発性能は高くないですが、薄ラケと考えれば十分すぎる反発性能です。

また、ボールの伸びを感じられます。

スピードは、飛び出しの勢いが良く、丁度よい感じにコートに収まってくれます。

特に、球際の際にパワーアシストを感じらますよ!

管理人
管理人

薄ラケでパワー感が欲しいならグラビティ
パワーアシストが欲しいならスピード

スピン性能

「スピン量」グラビティ>>スピード

  • グラビティ…抜群のスピン性能
  • スピード…十分なスピン性能

スピン量・バウンド後の勢いはグラビティの方があります。

グラビティは、自然にスピンがかかる感覚!軌道も上がってくれるので、安心してしっかりラケットを振れます。

スピードは、かけようと思えばしっかりかかります!どちらかというとフラットドライブの感覚に近いかもしれません。

管理人
管理人

スピン+ボールの強さを求めるならグラビティ
スピン+ボールの勢いを求めるならスピード

HEAD グラビティとスピードのおすすめプレーヤーは?

グラビティおすすめプレーヤー

  • ガンガンラケットを振りたい
  • 勢いのあるスピンが打ちたい
  • しなるラケットが好き!
  • ベースラインプレーヤー

グラビティMP インプレ・評価

スピードおすすめプレーヤー

  • 威力あるボールを打ちたい
  • ガンガン攻めてコントロールもほしい
  • カウンターを決めたい
  • ベースラインプレーヤー

HEAD スピードPRO 2020 インプレ記事
HEAD スピード MP 2020 インプレ記事

HEAD グラビティとスピードの比較まとめ

■打感の柔らかさ グラビティ>スピード
■振り抜きの良さ グラビティスピード
■ボールのパワー グラビティ<スピード
■コントロール  グラビティ=スピード
■スピン     グラビティ>スピード
■スライス    グラビティ>スピード
同じコントロールタイプのラケットですが、タイプはだいぶ変わりますね。
  • しなるラケットでガンガンスピン系のボールを打ちたいならグラビティ
  • ベースラインで打ち負けないテニスをしたいスピード

個人的に凡庸性を選ぶならスピード・一癖あるボールを打ちたいならグラビティといった感じです。

グラビティとスピードで迷っている方のラケット選びの参考になれば、幸いです。

\おすすめ記事/

スポンサーリンク

おすすめのテニスラケット一覧

 

コメント