初心者向け テニスのボレーが上手くなる練習メニュー【図解あり】

テニス練習メニュー

現役のテニスコーチが初心者でも簡単にでき、テニスが上手くなるボレー練習メニューを図解付きでわかりやすく解説します。

ストロークはたくさんやるんだけど、ボレーってあまりやらなくて自信がないのよね……

ボレーの基本が身につく練習方法が知りたい!

管理人
管理人

テニス初心者がまず練習するのがストロークという場合が多いですよね。ストロークは自信があるけどボレーが苦手という方は、非常に多くいます。
楽しくボレーの練習ができ、知らぬ間にボレー技術も上達している!というような練習メニューをご紹介しますので、ぜひ、ご参考ください。

スポンサーリンク

テニス初心者向けボレーが上手くなる練習メニューとは

テニス初心者向けボレー練習メニューは3つです。

ボレー&ボレー→ボールの基礎練習
ボレー&ストローク→ボールを飛ばす練習
ボレーを使ったゲーム→ボレーの実戦練習
ボレーの土台となる基礎を固め、ボールを飛ばしたりコントロールする練習をラリーで行っていきますが、すべてはゲームでボレーを使うための練習です。

最終目標をゲームの中でどのようなボレーを打ちたいのか!という視点を持ち、練習を行うことで、上達スピードは格段に上がってきます。

 

管理人
管理人

ボレーのメリットとデメリットを知っておくと、効率の良い練習となります。ボレーに対する考え方も変わってくると思いますので、説明していきます。

 

メリット・デメリット

メリット
・相手の時間を奪える
・角度のあるボールが打てる

デメリット
・速いタイミングでボールがやってくる
・強いボールだと弾かれやすくなる

ボレーのメリットは強く打てることではありません。強く打とうとすると、腕に力が入り打点の遅れやラケット面が不安定になり、ミスショットの原因となってしまいます。

相手の時間を奪い、相手のいないところにコントロールをして決めることが、ボレーのメリットであり考え方ということを知っておきましょう。

また、デメリットでも書いてあるように、自分にも時間がないので、できるだけ無駄な動きを避けることが、ボレーは大切ですね。

管理人
管理人

ボレー=強いボールという考え方がなくなるだけでも、アウトやネットミスのリスクがかなり少なくなってきます。ボレーのコツも知ることで、より中身のあるボレー練習へとつながりますので、紹介していきます。

コツ

ボレーが上手くなるためのコツは3つあります。

■打つ瞬間にグリップを握らない
■相手のボールを「打つ」ではなく「利用する」
■ボールを飛ばすには、上方向に飛ばすこと

ボレーは、相手のボールの勢いを利用して打球するショットです。

ボールを打つ意識が強いと、グリップを握ることになり、その結果ラケット面の方向が変わりやすくなるため、安定した返球ができなくなります。

グリップは支える程度でボールを上方向へ打球することが、ボレーのコツとなります。

ボレーのグリップに関しては『テニスのボレーのコツ|グリップに応じた打ち方やメリット・デメリット』をご参考いただけれると理解が深まります。

管理人
管理人

これから紹介するボレーの練習メニューは、3つのコツが習得できる内容となっていますので、ぜひ、参考にしてください。

テニス初心者向けボレー練習に行く前に

ボレーの練習メニューをする前に、テニス初心者は以下の内容を練習するとスムーズにボレーボレー練習へと移れます。

■ボールを地面に落とさないでボール付き
■ラケットを使わずにキャッチボール

ボール付きの感覚はそのままボレーの感覚となり、実際にボレー練習した際もスムーズに行うことができます。

キャッチボールは、相手のボールを正しい位置で取るための予測や判断を掴むほかに、ボールを取る感覚がボレー時のインパクトの感覚に非常に似ています。

いきなりボレー練習をすることが不安な方は、これら2つの練習を行ってみてください。

テニス初心者向けボレー練習メニュー①ボレーボレー

ボレー練習の最もオーソドックスな「ボレーボレー」を、テニス初心者でも簡単にできるように段階的に解説していきます。

ボレーボレー練習の目的
・ボレーの基本となるインパクトを覚える
・ボレーの基本となる軌道を覚える

練習メニュー【基本】

ボレーの基盤を作るボレーVSボレー基本練習メニューのやり方です。

・ネットから1mほどの距離で向き合う
・体は正面向き
・山なりで相手のおへそにいくように

この練習のポイントは?
NG 低い弾道で、速いボレーボレー
OK ゆっくり高さのあるボールでボレーボレー

管理人
管理人

この練習では、インパクト時の面の向きやラケットの位置を取得することが目的です。ラリーが速くなってしまう場合は、ボール付きの待ち方で、ボールが落下するのを待つようにして打球をしてみましょう。

練習メニュー【応用】

基本練習を終えましたら、条件を加えて練習してみましょう。

■距離を徐々に広げていく
■狙う場所を決める
■回数を決める

距離をのばす

遠くへ飛ばそうとする意識が強いと、グリップを握る原因となり、面の向きが変わりやすくネットミス・ヒットミスが増えてしまいます。
あくまでも基本ボレー練習の延長のイメージで、ボールに高さを出しながら山なりでラリーに挑戦してみましょう。

狙いを作る

ボレーで最も重要なのが、狙った場所にボールを打てるかということです。そのためにも、図のように、互いに狙う場所を条件につけながら、『狙う』練習を取り入れてみましょう。

回数を決める

回数の目標を作ることで、相手に取りやすいボールを打つためのコントロールやどこにボールが来るかの予測の練習になります。

テニス初心者向けボレー練習メニュー②ボレスト

ボレー練習の中で実践に向けた練習として「ボレー対ストローク」があります。こちらもテニス初心者がスムーズに練習できるように、段階的に紹介していきます。

ボレー対ストローク練習の目的
・ボールを飛ばす方法を習得
・予測や判断の練習
・コントロールを練習
ボールを飛ばす方法は『ミドルボレーのコツ|ボールを簡単に飛ばす方法とは』で詳しく解説しているので、気になる方はご覧ください。

練習メニュー【基本】

ボレー対ストロークの基本練習メニューのやり方です。

・ボレーヤーはネットから2m程度の場所
・ストローカーはサービスライン付近の場所
・構え→インパクトのみOK

この練習のポイントは?
NG 足を踏み出してから打球する
OK 構え→腕の形を作って打球をする

管理人
管理人

定番の練習メニューですが、やり方を間違えると、変な癖がついてしまい、ボレーに苦手意識が出てしまいます。
まずは、短い距離で、構え→インパクトの形をラリーの中でできるように練習していき、慣れてきたら距離を離していきましょう。

練習メニュー【応用】

ボレー対ストロークの基本練習を終えましたら、条件を加えて練習してみましょう。

■長い距離での練習方法
■予測・判断の練習方法
■コントロールUPの練習方法

長い距離での練習方法

距離が長くなったことで、踏み込むための時間ができます。

構え→インパクト→打球→踏み込みの手順で、ボレーの練習を意識することで、ヒットミスを抑えられボールを飛ばすための動作となりますので意識してみましょう。

※ボレーでボールを簡単に飛ばす詳しい方法はこちら

予測・判断の練習方法

ストローカーがボレーヤーのフォアとバックに必ず交互に打ち、ボレー対ストロークをします。

ボレーヤーはボールの来る場所があらかじめ分かった状態でラリーをすることになりますので、左右の判断のタイミングやどんなボールが来るかの予測・判断の部分養う練習方法となります。

難易度が少々高くなりますので、できる範囲で距離を調整することをおすすめします。

コントロールUP練習方法

アレーコート(シングルスラインとダブルスラインのエリア)でボレー対ストロークをすることで、制限がつき、コントロールUPの練習になります。

はじめのうちは非常に難易度が高いので、短い距離からはじめ、徐々に距離をのばしていくとよいです。

テニス初心者向けボレー練習メニュー③ゲーム

最後は、テニス初心者でもできるボレーを使ったゲーム形式を紹介していきます。

ゲーム練習の目的
・ボレーで決める楽しさを知ろう
・どこに打ったら決まるかを考えよう

練習メニュー【基本】

まずは短い距離で、実際にボレーを使って勝負をする練習をしていきます。

・コートはサービスボックス同士
・必ずワンバウンド(相手)とボレー(自分)で試合
・ポジションは気にしない

この練習のポイントは?
NG 強いボールを打って決める
OK 相手のいないところを狙う

管理人
管理人

この練習は、必ずノーバウンドことと強いボール禁止を条件にいれることで、相手との駆け引き・相手が嫌がる場所へ狙う意識・相手によってポジションを作るといった、ゲームに必要なボレーの動きや考え方を練習することができます!

練習メニュー【応用】

ボレーを使用することが多いダブルスでボレーを使ったゲーム練習メニューをご紹介します。

■ボレー2人VSストローク2人
■全員ベースラインからゲーム
■雁行陣からゲーム

ボレー2人VSストローク2人

基本練習メニューの延長線上で、2対2の形でポイントを取り合います。

はじめは短い距離から、慣れてきましたら全面を使ってゲーム練習をしてみてください。

全員ベースラインからゲーム

 

フリーの状態でゲームをします。

条件は、スタート位置は全員ベースラインから。ストロークだけですと、なかなか決めることができませんので、ここぞというときに、前につめてボレーにトライしてみましょう。

※この練習は難易度が高めです。目的はポイントを取るための戦略的な部分が大きくなりますので、短い距離でもOKです。

雁行陣VS雁行陣でゲーム

最終的に、ダブルスのゲームで良く見るストローカーとボレーヤーの配置【雁行陣】になってゲームをしていきます。

前にいるということは、それだけ決められるチャンスが増えるということですから、ミスを恐れずにボレーヤーはどんどんボールに触りにいきましょう!

テニス初心者向けボレー練習メニューまとめ

テニス初心者がボレーを練習する際のポイントをもう一度まとめます。

■ボールは上方向にいくことで飛ぶ
■遠くへ飛ばしたい場合は、ラケットを平行移動
■何事もまずは短い距離から練習
距離を短くすることでラリーが長くつながり、よりテニスを楽しむことができますね。
短い距離のコートが作れるコートライン

※コーナー用ライン4本 直線ライン12本

自分たちで好きなところにラインを置いて、簡易的にコートを作ることができ、短い距離のコートを簡単に作れます。ボールの使用が許されている多目的広場などでも使えますね。

距離を短くしたときの練習に最適のボール

※飛び率が75%減でラリーがつながりやすい
※スクールの初級クラスでも使用されている

 

コメント