テニスの効果的な素振りのやり方と練習メニュー【やみくもはNG】

いくら素振りをしても上達しない…

素振りをしてるけど、本当にこのやり方でいいのかな?

素振りは、手軽にできる練習メニューですね。

だからこそ、正しいやり方とそうでないやり方では、大きな差が生まれてきます

現役のテニスコーチが上達に効果的な素振りのやり方とおすすめの練習メニューを解説していきます。

\フォームについて知りたい/

テニスの効果的な素振りのやり方は?【やみくもはNG】

テニスの素振りを効果的にするやり方は3つあります。

  • 体の使い方を覚える
  • 構えからスタートする
  • 実践・ラリーを想定する

素振りの目的は、実践で使えるように体の使い方を習得することです。

もちろん、打点の位置やテークバックの形といった打ち方を確認することも大切です。

しかし、もっと大事なのが、打ち方を形成する体そのものの使い方!

実践では、様々なボールが飛んできます。

そのため、常に理想のフォームで打つことは難しくなりますよね。

素振りで体の使い方を覚えることで、様々なボールに対して柔軟に対応できるようになります。

それぞれ、素振りのやり方について深堀していきます。

体の使い方

素振りにおいて最も意識したい体の使い方!ポイントは3つです。

  • 下半身から始動
  • 体の回転運動
  • ラケットは振るではなく振られる

このような動き方を『運動連鎖』と呼びます。

足が一番パワーがありますので、そのパワーを効率よく使おうというものです。

実は、皆さんが無意識に行っている『歩行』が、運動連鎖になります。

楽な動きで最大のパワーを生み出せる運動連鎖を、素振りに取り入れてみましょう。

運動連鎖については、下記の記事で詳しく解説しています。

ストロークのコツは運動連鎖!自然な動作で最大のパワーを!

では、実際に運動連鎖を体感できるやり方を解説していきます。

やり方

体の動かし方を体感できる運動、4つの手順で紹介します。

手順①:体をねじるように左右に腕を振る

手順②:手順①の動きに合わせて足を蹴り返す

手順③:腕の振りを斜めに振り上げる

手順④:ラケットをもって手順③をやる

ラジオ体操の体をひねる運動をイメージするとよいです。

コツは、腕をダラダラ状態にすること。

上体ひねりに足の蹴り返しをつけることで、より腕が振られるのが、実感できるはずです。

感覚がつかめてきた後は、よりテニスのスイングに近づけた動きをしていき、最終的にはラケットをもってスイングをしていきましょう。

構えからスタート

より実践に近い形で素振りをするために、構えを取り入れてみましょう。

ポイントは3つです。

  • 正面向きからスタート
  • 運動連鎖でスイング
  • スイングにリズムをつける

このような動きを『一連の動作』と呼びます。

ずっと横向きの状態で素振りをするのはNG!

実践に近い動き方で、素振りをしていきましょう。

やり方

一連の動作で素振りをする手順を、1~5までのリズムに合わせて紹介します。

  1. 構える
  2. 横向きを作って止まる
  3. 下半身始動でスイング
  4. 構える(足踏みもいれよう)
  5. スプリットステップ

心の中で「1・2・3・4・5」とリズムを作りながら、素振りをするとよいです。

コツは、打ち方にこだわらないこと!

リズムをつけることで、スムーズに体を使えていることが体感できるはずです。

実践をイメージ

実践を想定するためにも、素振りにイメージを取り入れます。

ポイントは3つ。

  • 相手のボールをイメージ
  • 打ちたいボールをイメージ
  • シチュエーションをイメージ

やみくもに数だけこなしてもNG!

人は、イメージしたことに対して体が反応します。

実践でも、打球する前にイメージを作ることで、スムーズな動作を生みまs。

実は、テニスが上手い人は、打ち方よりもイメージにフォーカスして、プレーをしているんですよ。

具体的なイメージの仕方とともに、やり方をお伝えしていきますね。

やり方

イメージを取り入れた素振りの具体的なやり方とコツです。

やり方コツ
相手をイメージ架空の相手を想像・目線も想像の相手に向ける
自分のボールをイメージ打つ方向や弾道・距離・スピードをイメージした後にスイング
パターンをイメージアプローチボレーなど、実践シチュエーションを取り入れる

必ず構えた状態でイメージをしてから、素振りをすることが大切です。

先にイメージを叩き込むからこそ、脳からの指令によって動作してくれます。

ちゃんとやると、めちゃくちゃ疲れます。良い運動にもなりますね。

体の使い方を習得!おすすめの素振り練習メニュー

体の使い方をメインとした素振り練習メニューを3つ紹介します。

  • 歩きながら素振り
  • 遠心力を取り入れた素振り
  • テニスグッツを活用して素振り

歩きながら素振り

自然な動作を覚えられるおすすめの素振り練習メニューです。

手順は以下の通り。

手順①:構えながら、右足⇒左足と前方へ2歩進む

手順②:3歩目の右足着地後、右側に体をひねる

手順③:4歩目の左足着地後、ラケットを振る

手順④:スイング後に手順①に戻る

手順⑤:手順①~手順④を繰り返す

歩きながらの素振りでは、テニスのスイングを意識しないことがコツです。

歩く中で体をひねって戻す動きを入れるという意識が重要で、ついでにラケットも持っていたという感覚がベスト!

右足→左足→右足(ターン)→左足→スイング→構えを意識して、リラックスした状態で繰り返し練習しましょう。

遠心力で素振り

体の使い方を習得できる素振り練習メニューです。

以下のようなものを使って練習ができます。

  • 竿やほうきなどの長いもの
  • ラケットに重りをつける
  • ラケットケース(布)にボールを入れる

できるだけ、ゆっくり・大きく振ることがコツです。

手だけで振ろうとすると上手くいかず、下半身の回転を使うことで上手く振ることができます。

手打ちを改善したいという方におすすめの素振り練習ですね。

テニスグッツで素振り

フォーム作りや体の使い方をサポートしてくれるテニスグッツを、効率よく使うのもおすすめです。

特に以下の2つは、口コミでも効果を発揮しているグッツ!

  • トップスピン・プロ
  • パワーストローク

スピンを習得!トップスピンプロ

スピンを習得するために生まれたテニスグッツ!

手軽に設置でき、スピンに必要なボールの触り方やラケット起動などの感覚を養うことができます。

体の使い方を習得!パワーストローク

スイングに必要な体の使い方を習得できるテニスグッツ!

自宅などの狭い場所でも使用できるのがいいですね。

かなりの重さがあるので、重さを利用して大きくゆったりした素振りがおすすめです。

テニスの素振り練習では体の使い方を覚えよう!

効果的な素振りのコツを、もう一度おさらいします。

  • 目的は打ち方ではなく、体の使い方
  • 実践を想定して、構えから練習
  • 歩く素振りで、下半身からの動作を習得
  • テニスグッツを上手く活用でレベルアップ

それぞれの体に合った自然な動作を心がけ、イメージをして素振り練習をすることが、大切です。

効果的な素振り練習は、絶対にテニス上達へとつながります!

この記事を参考に、素振りの練習に役立ててください。

他のテニスの技術記事をチェック!
テニやろのテニス技術記事

コメント