テニスラケットの選び方|初心者が安くてよいものを買う3つのコツは?

テニス商品

テニスをこれから始めようと思っている方にとって絶対に必要になるものがテニスラケットです。どうしてもテニスをやったことがない方はテニスショップや中古店で3000円~5000円の安価なラケットを購入しがちですが、安いラケットはそれなりの性能になってしまうことは言うまでもありません。

ですが、ほしいものはネット購入!が当たり前となっているご時世です。テニスラケットも例外ではなく、新作ラケット同様の性能で安いラケットはネットにごろごろしています。良いラケットを使えばモチベーションが上がるだけでなくテニスの上達も早くなり、よりテニスを楽しむことができますので、この記事ではテニス初心者のテニスラケットの選び方についてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

テニス初心者のラケット選びの重要性

 

まずはテニスラケット選びが今後のテニスライフに与える重要性についてお話します。

テニスをこれから始めようとする方やテニス初心者の多くは安いラケットを購入してしまいがちですが、最初のラケット選びで上達スピードは大きく変わりテニスを楽しいスポーツと思えるかどうかを決めてしまうほど重要なのです。

テニスは難しいスポーツです。管理人である私は現役のテニスコーチであるため、テニスの難しさもテニスを始められた方が挫折していく姿もよく知っています。のっけからネガティブな感じになってしまいましたが、その一つの原因がテニスラケットであることは間違いありません。

本来テニスは力いっぱい振ってボールを打つのではなくラケットを利用してボールを飛ばすスポーツとなりますが、巷で出回っている安価なラケットは性能が低いためボールが飛ばないのです。そのため力いっぱいラケットを振ってボールを飛ばそうとするため本来マスターするべきスイングフォームに変な癖がついたり最悪の場合肘などを痛めてしまいテニスが嫌になってしまうこともあります。

これからテニスを始めようと思っている方には「テニスは楽しい!」と思っていただきたいのです!

テニスを始められる方は以下でお伝えするテニスラケットの3つの選び方をぜひ参考にしていただければと思います。

テニス初心者のラケットの選び方の3つのコツ

ここでご紹介するテニスラケットの選び方のコツは以下の3つに絞ってお伝えしていきます。

・目安となるラケットの性能

・目安となるラケットの価格

・性能、価格ともに◎のラケット購入方法

 

テニス初心者のラケット選びのコツ①スペック

テニスラケットを購入する際にまず重要なことが『重さ』となります。ただ、テニスをやったことない方にとってどの重さが軽いのか重いのかなんてわからないと思います。

私自身、小・中と野球をやっていて高校からテニスを始めましたが最初の印象は「うわっ、軽っ」でした。一番初めに使っていたラケットの重さは320gを超えるラケットでテニスラケットの中ではかなり重い部類に入る重さでしたが、それでもラケットの基準の重さを知らないため軽いという錯覚を起こしていたのです。テニスはラリーごとにラケットを振りますので持った時は軽いと思っていても、時間がたつにつれて徐々に重さを感じやすいスポーツだったのです。

ちょっと話がそれましたが、ラケットの基準の重さが300g程度となります。

だからといって300gのラケットを購入してしまうとものすごく腕が疲れてくることになります(個人差によりますが) 基準値とはあくまでプロも含めテニスを楽しむ方を対象とした指標であるため、一概にテニス初心者には当てはまらない数値となります。

あくまで目安ですが、男性は300g以下のラケット、女性は280g以下のラケットを指標にしてテニスラケットを選ぶと、テニスを長時間やっても体に負担が残らない重さになります。

 

テニス初心者のラケット選びのコツ②価格

新作ラケットの相場は30,000円以上となりますが、安いラケットは5,000円以下のものもたくさんあります。

ですが、5,000円以下のラケットはやはり性能面でかなり劣ってしまい、テニス上達を妨げるだけでなくケガの原因にもなってきます。

ですが、これから続くかもわからないスポーツに最初からラケットに30,000円を出すかと言うと、テニスを教えている立場の私が言うのもなんですが、、かなりの決断になってくると思います。

安くて性能のいいラケット!んなものあるかっ!!と突っ込みたくなると思いますが、実は10,000円前後で高性能のテニスラケットはごろごろあります。

ただ、テニスショップなどの店頭で売っているような10,000円のラケットは新作に比べるとどうしても性能面・デザイン面で劣ってしまうため、テニスショップでの10,000円ラケットはおすすめしません。私がおすすめする10,000円前後のラケットは新作ラケットの型落ちラケットをネットで購入する方法です!

次項でネットで購入する際のポイントについてお伝えしていきます。

 

テニス初心者のラケット選びのコツ③型落ちラケット

 

安くてできるだけ性能の良いもので、なおかつ重さも考慮してテニスラケットを選ぶ場合、昨年のモデルで価格が落ちているラケットがねらい目です。

テニスラケットはメーカーにもよりますが、大体1年サイクルで新しい新作ラケットを出してきます。スマホと同じような頻度で各メーカーはラケットをポンポンと出してきます。スマホでも最新のiPhoneと1年前のiPhoneってそれほど変わらないと思いませんか?(私が機械音痴なだけかもしれませんが)

テニスラケットでも同様のことが言えます。5年6年前のラケットですとさすがに新作ラケットと比べると明らかに違いがありますが、1年・2年前のテニスラケットだったら正直違いなんてわかりません。

3000円のラケットでボールも飛ばなく怪我のリスクを高めるよりも、10,000円はたいて今後の人生にテニスという趣味が取り入れられることを考えれば「テニスラケットに10,000円だしてみようかな」と思える金額ではないでしょうか?

10,000~15,000前後のお金を出してもいい という方は、ネットで探す際に以下のことに注意してラケットを探してみてください。

・○○年発売を確認
・重さは男性300g以下、女性は280g以下
・フェイスというラケット面の大きさは100Inchより大きいのも
・初心者におすすめ!はあてにしない

 

テニス初心者におすすめのラケット

テニスラケットはパワー重視だったりボールのタッチ重視だったりと本当に様々な特徴を持つものがたくさんあって、テニス初心者からしてみれば違いなどわからないのが正直なところだと思います。

その一つの原因が情報の少なさにあります。スマホだったら、高齢者向けはらくらくスマホ・電話メールのみでいいならガラケー・安いスマホならワイモバイルなどの格安スマホなど知らぬ間に情報を得ています。

例えばこれからテニスを始める腕力に自信のない方が、テニス上級者が使うようなラケットを使用しても、ガラケーを求めている方がスマホを利用してスマホの機能を使用しないのと同じことと言えるでしょう。

ラケットの中にも、どんな方でも使える魔法のようなラケットというのがあり、テニス初心者でしたらオーソドックスなテニスラケットがよいでしょう。

男性向け初心者におすすめのテニスラケット


Wilson(ウイルソン) 硬式 テニスラケット ULTRA 100 (ウルトラ100) [フレームのみ] WRT729720 グリップサイズ G2

▲商品詳細はリンクをクリック▲

2016年モデルのラケットとなり現在でも使用者が多数いるラケットです。

重さは300g、面の大きさは100Inchと男性初心者でも扱えるスペックで性能も抜群!価格も10,800円とかなり安く販売されているラケットです。2年以上前のラケットなので在庫処分もかねての値段だと思われます。

女性向け初心者におすすめのテニスラケット


ヘッド(HEAD) 2017 グラフィン タッチ インスティンクトS (285g)231927/グリップサイズ:G1 [並行輸入品]

▲商品詳細はリンクをクリック▲

2017年モデルのラケットとなり有名テニスプレーヤー『マリア・シャラポワ』が使用しているモデルとなります。

重さは285g、面の大きさは100Inchと女性初心者でも扱えるスペックで性能も抜群!価格は比較的最近のラケットということもあり約16,000円となりますが、テニスのレベルが上がってきても使用できるラケットです。

 

テニス初心者のラケットの選び方まとめ

テニスは道具に頼る部分が非常に大きいスポーツです。とりわけ初心者の場合は使用するテニスラケット次第でテニスがたのしいかつまらなくなるかが決まるといっても決して大げさではないほど重要なこととなります。

ネットで服を購入となるとサイズが合わなかったらどうしようなどの不安が働きますが、テニスラケットのサイズ感はどのメーカーでも一緒です。適正の重さや面の大きささえしっかり押さえておけば失敗するということもありませんので、気軽に購入できる点もよいですね。

テニススクールやテニスショップでは20,000円越えが当たり前のテニスラケットですが、新作にこだわらないのであればこの記事で紹介した型落ちのラケットでも十分テニスを楽しむことができますので、参考にしていただければ幸いです。

 

\こんな記事もあります/

テニスの疑問や悩みを解決!!

テニスを始めたい方へ!!

圭やなおみの対戦成績も!!


\SKのレッスン情報/

画像の説明文

コメント