テニスでコントロールを向上させるコツをコーチが解説

テニスでコントロールは最需要項目です!

しかし、同時に、コントロールに悩むプレーヤーは非常に多くいるのも、事実です。

2000人以上のプレーヤーを見てきた現役のテニスコーチが、コントロールのコツやコントロールの仕組み・コントロールをするための方法をお伝えしていきます。

~こんな悩みを持つ方におすすめ~

🎾コントロールしようとすると余計にダメになる
🎾練習ではできるのに、試合だとダメになる
🎾そもそも、コントロールができない

スポンサーリンク

テニスでコントロールを向上させるコツ

・コントロールできない理由・原因を知る
・体の回転を使用したスイングを身につける
・どんなボールを打ちたいかの弾道イメージをする
テニスが上手い人って、いつも同じスイングで打ってるし、安定してコートにボールがはいっていますよね。
僕が心がけているテニスでコントロールを意識することは、どこにボールを打ちたいかという目標を設置して、その目標に対してスイングをすることです。
目標となる場所とスイングの間には、どのくらいの高さでどのくらいの勢いで、どのくらいの回転量にしようかというボールの弾道をイメージして、後は迷わずに体全体でスイングをすることが、コントロール向上の秘訣となります。
コントロールとは、コートに収める!ではなく、どこの場所にボールを落下させるかということで、イメージと実際のボールの差が少ないことが結果としてコントロール向上となってくるわけです。
では、具体的にコントロールできない理由や原因と、コントロール向上のコツについて詳しく話していきます。

テニスでコントロールができない理由

コントロールを形成している大まかな3つの要素は以下の3つです。

・左右のコントロール
・距離のコントロール
・高さのコントロール
コントロールは上記の3つから成り立ち、どれか一つが崩れることで

「あー、アウトしちゃった」

「ネットミスが多い」

といったコントロールミスに繋がってきます。
左右のコントロールがズレるのであれば、インパクト時の面の向きが違う方向を向いていませんか?
アウトしちゃう・ネットしちゃうという方は、ボールの勢いやスピード・回転量の調節ができていないのが原因となります。
このように、コントロールは面の向き・ボールの勢い・高さ・回転量を上手く調整していくことが重要になりますが、こうした調節ができない原因は、コントロールをしようとしてしまうことにあります。

コントロールをしようとすることが最大の原因

 

・アウトしないように慎重にスイングして、ラケットが振れない
・ネットしないように強く打とうとする

 

こんな思考になっている場合、意識はラケットを持つ手にいっていませんか?

ラケットの意識が行き過ぎると、小手先でコントロールをしてしまう=手打ちとなってしまいます。

手打ちになってしまうと、面の向きは変わりやすくなりますし、ボールスピードの調節がしずらく距離が調整しにくくなります。

小手先でボールに回転をかけても、かすれたあたりになりネットミスが多くなったりもします。

このように、コントロールをしようとすればするほど、ラケットに近い手や腕に意識がいき、結果として様々な調整がしずらくなってコントロールがしずらくなってくるのです。

では、コントロールを向上させるためのコツをお伝えしていきます。

テニスでコントロールをする方法

テニスでコントロールを向上させるために以下の2つのことを意識し練習していきましょう!

■体の回転を利用し、スイングをすること
■ボールをどこに打ちたいか、ではなく、どこに落下させたいかという弾道イメージをもつこと

体の回転を使用したスイング

重心移動や体の回転を使ってスイングをすることで、コントロール向上に関して以下の3つが期待できます。

 

■方向性のコントロールが向上する
⇒腕が振られる状態となるため、手首を使ったりグリップを握るなどの動作が少なくなり常に面の向きが安定します

■距離の調節が可能になる
⇒体の回転や重心移動の速度を変えることで、ラケット面の向きを安定させつつ、スイングスピードの調節→ボールスピードの調節が可能になる

■回転調節が可能になる
腕に力が入らなくなるため、ラケットダウンが自然になされ、上方向へのスイングが可能になり回転がかかる。体の回転や重心移動の速度でボールの勢いや回転調節が可能になる

 

体の回転や重心移動といった下半身始動のスイングをすると、実はラケット面が変わりにくく安定します。

体を使ってスイングをしていくことが、コントロール向上へとつながり、腕や手でボールをコントロールしようとしても、かえってコントロールは乱れるということを知っておきたいですね。

スイングに関しての各項目(面の向き・体の向き・スタンス・スイング軌道など)は、下記のリンクよりご覧になれますので、気になる方はチェックしてみてください。

弾道のイメージを持つ

スイングと同様に大切なのが、どんなボールを打ちたいかというイメージを明確に持つことです。

イメージの仕方は個人差があると思いますが、僕が推奨するイメージの仕方は、インパクトからではなく、最終目標地点からです。

■落下場所を決める
ボールスピード・高さ・回転量など
■落下地点からインパクトまでの弾道をイメージ
頭にイメージして、ボールのみ見る
■体を使ったスイングを迷わずする

インパクト地点からイメージすると、イメージした打球に向かって腕の操作でスイングをしてしまうという方を、コーチの立場から多くみてきました。

スイング時はしっかりボールを見ないと体が上手く使えなくなりますので、打つ前にどんなボールを打ちたいかをイメージして、後は迷わずにしっかりスイングをしていくといった練習をしてみてください。

弾道をイメージするのが難しいという方は、下記のラリーのコツという記事で、違った方法で弾道のイメージの練習ができますので、ご参考ください。

 

テニスのコントロール向上まとめ

テニスでコントロールを向上させるポイントは以下の3つです。

・コントロールはどんなボールを打ちたいかのイメージ
・手打ちではコントロールは向上しない
・体を使ったスイングがコントロール向上のポイント
・イメージを持つことで、体を使ったスイングができる
左右のコントロールがズレるのであれば、面の向き調整!
距離のコントロールがズレている場合は、ボールの勢いや回転量を調整!
高さのコントロールがズレている場合は、スイング軌道の調整!
このように、コントロールは3つの要素が大切で、そのためには、体全体を使ったスイングや弾道イメージを意識することで改善されていきます。
コントロールで悩んでいる方は、ぜひ、体全体を使ったスイングと弾道イメージを持って練習にトライしてみてください。

スポンサーリンク

 

コメント