2019 フォルクルのおすすめテニスラケット4選|特徴や評価も

テニス商品

コアファンが多いフォルクルのテニスラケット!数年前に日本から撤退して以来、なかなかフォルクルのラケットは置いていませんが、打ちやすいと評判です。

元フォルクルラケット契約者でもある現役テニスコーチの管理人が、おすすめのフォルクルラケットをご紹介していきます。

スポンサーリンク

フォルクルのテニスラケットとは

フォルクルはドイツの老舗メーカーで、スキーブランドとして有名ですね。テニスは数年前に日本から撤退していましたが、当時は試打会でテニスコーチの中で評判を集めたブランドです。

90年代後半にはマッケンローやベッカーなどが契約をし話題を集めました。満を持して日本進出を図るも、プロ選手の使用頻度が少ないせいか、思うような成果が上げられなかったようです。

日本人は安心を求める傾向なのか?でも、個人競技でもあるテニスですので、誰も使っていないからこそ価値を見出す方も多いのではないでしょうか。

フォルクルのテニスラケットの特徴

フォルクルのテニスラケットの特徴は、何といってもラケットがすごくしなることです。

ラケットがしなるからといって、しなりが戻る反動でボールの飛びがよくなるだとかは物理上ありませんが、ボールとの接触時間が長くなりますので球もちが良いという感覚を覚える方も多いです。

ただ、言えることは、しなることでコントロールしている感覚が強くなる!という点です。フォルクルのラケットは、コントロールが不安定になるフラット系のプレーヤーに好まれやすいラケットと言えます(僕がフラット系で、どのメーカーよりも打ちやすいと感じました)

ラインナップ

フォルクルのラケットのもう一つの特徴がわかりやすいラインナップです!

どこのメーカーも競技者用と大衆用などで様々な種類のテニスラケットを出していますが、フォルクルは1種類のみで初心者用から上級者用までを揃えています。

1~10という番号がラケットに振られており、数字が小さいほど大衆向けで数字が大きいほど競技者向けとなっているため、ラケット選びがものすごくわかりやすいですね。

デザインも単色カラーで鮮やかな色合いのものが多く、テニスコートでも存在感を示せるので、マイナーラケットで目立ちたいという方はおすすめです。

フォルクルのテニスラケットの評価

フォルクルのテニスラケットは、しなるという一見癖の強そうな特徴を持っていますが、基本的にはオールラウンダー向けのラケットになっています。

そのため、ストロークもボレーもサーブもそつなくこなせるラケットが多く、また一見軽そうなスペックのラケットでも打ち負けにくいです。

当然、スイングスピードなども関係してきますが、僕はフォルクルの6番(白いラケット)を愛用しており、スペックは100Inchの275gというものですが、早いボールでも打ち負けません。
さらにコントロールの微調整もしやすく、自分のイメージしたボールに対してラケットが表現してくれるといった感覚を持てます。

無難なラケットでなおかつ人があまり使っていないラケットを探している方にとってうってつけのテニスラケットですね!

フォルクルのテニスラケットおすすめ4選

フォルクルのテニスラケットを元契約者であり現役のコーチが、ラケットの特徴や評価、おすすめプレーヤーと合わせて、4つご紹介していきます。

フォルクル Vフィール10


<面の大きさ…98Inch 重量…300g バランス325㎜>

2018年販売のテニスラケット『フォルクルVフィール10』。
フォルクルのラケットの中でも競技者ラケットに分類され、スピードボールが打てる超攻撃的なラケットです。

評価
競技者モデルでありながら300gの重さに抑えられており、スピンをぐりぐりにかけてボールをつぶしていくというよりかは、フラット系で弾いていくタイプのラケットになります。
重さが抑えられている分、ボレーの操作もしやすく、スライス回転も程よくかけられます。

おすすめプレーヤー <中上級・上級者>
速い展開を好むプレーヤーに最適です。シャープなボールが打て操作もしやすいので、ライジング系を得意とする方は扱いやすいラケットですね。

フォルクル Vフィール8

<面の大きさ…100Inch 重量…285g バランス325㎜>


2018年販売のテニスラケット『フォルクルVフィール8』。
耐久性と攻撃力に富んだパワフルなラケットの軽量モデルです。

評価
フォルクルシリーズは総じてしなりを感じやすいラケットですが、その中でもしっかりと打感を感じられるのが『フォルクルVフィール8』
100Inch285gと扱いやすいスペックでありながら、ストロークのパワーをしっかり感じられます。
ボレー時の面の安定性はフォルクルシリーズでもトップクラスですので、堅実且つパワフルなプレーに最適なラケットですね。

おすすめプレーヤー <中級・中上級>
力強いボールを打ちたいが安定させたい!しっかりした打感で操作性も重視したい!という方に最適。
軽量モデルではありますが、女性ですと打感が硬いと感じますので、男性でなおかつ、自分からしっかり振っていけるプレーヤーにおすすめです!

 

フォルクル Vフィール6

<面の大きさ…100Inch 重量…275g バランス330㎜>

2018年販売のテニスラケット『フォルクルVフィール6』。
扱いやすい操作性と速く振れば振るほどボールに威力を加えつつコートに収まるラケットです。

評価
フォルクルシリーズの中で最もバランスのとれたラケットです。
相手のボールを利用したショットやカウンターショットも打ちやすく攻撃力もあり、操作性も抜群で守備的な場面でのスライスやボレーでの操作にも優れているので、扱っていて何一つ不自由を感じさせません。
どのラケットを使おうか迷っている方はVセンス6を使えば間違いないでしょう。

おすすめプレーヤー <初級~上級まで>
フラット系ショットを主体とする女性プレーヤーはもちろんですが、技巧派プレーヤーの男性にもお勧めできるラケットです。

 

フォルクル V1クラシック

<面の大きさ…102Inch 重量…285g バランス330㎜>

2015年販売開始されたV1シリーズ20周年を記念した『フォルクルV1クラシック』
当てるだけで簡単にボールが飛んでいく爽快感を味わえるラケットです。

評価
日本に50本しか販売されていないV1クラシック。285gと扱いやすい重さで、フレームも厚めに仕上がっており、びっくりするほど簡単にボールが飛んでくれるラケットです。
もちろん、しっかり振っていったときでも、自分が思い描くボールが行くように反応してくれますので、テニスが簡単に感じられるラケットです。

おすすめプレーヤー <初級~中級まで>
これからテニスを始められる方や、女性・ご年配のプレーヤーにもおすすめです。

フォルクルのテニスラケットまとめ

フォルクルのラケットをご紹介してきましたが、どのラケットもプレーヤーの意図を組んでくれるテニスラケットになっています。

このご紹介したほかにもフォルクルのラケットは数多くあり、競技者向けの方は10~6までのラケット、テニスの試合に出る方や快適にプレーを楽しみたい方は4~7までのラケット、腕力に自信のない方やテニスを始めたばかりの方は1~3・6あたりを目安に選ぶと良いです。

他のフォルクルのラケットを見たい方はこちら
楽天⇒フォルクルラケット一覧
Amazon⇒フォルクルラケット一覧

自分のプレーレベルやスタイルに合わせて選ぶことが大切です!ですが、なかなかどのラケットを選べばよいかわからないという方も多いと思いますので、フォルクルシリーズでもし迷った場合はVセンス6を選ぶと良いです。

マイナーラケットと言われるフォルクルだからこそ価値を見出せる方もいると思いますので、この記事が皆さんのテニスライフをより豊かになることを望みます。

\こんな記事もあります/

テニスの疑問や悩みを解決!!

テニスを始めたい方へ!!

圭やなおみの対戦成績も!!


\SKのレッスン情報/

画像の説明文

コメント