【大坂なおみ速報】東レパンパシフィックテニス2019準決勝|実況付

大坂なおみVSメルテンスの実況速報をお伝えしていきます。

ダブルヘッダーとなった準々決勝では完勝し、調子もよさそうな大坂なおみ!決勝進出に期待がかかる1戦です。

スポンサーリンク

大坂なおみ準決勝速報|東レパンパシフィックテニス2019

9月21日試合予定

VSメルテンス

大坂なおみ(1) 2-0 メルテンス

■ゲームスコア

1S 2S 3S 4S 5S
大坂 6 6
メル 4 1

 

1セット 実況

1G 2G 3G 4G 5G 6G 7G 8G 9G 10G 11G 12G

※ 〇キープ ●ブレイク

1~3ゲーム振り返り

立ち上がりは共にキープからの立ち上がり。
大坂は2ゲーム目メルテンスのサービスゲームでデュースまで行くも、ブレイクならず。
その後の3ゲーム目はサービスでのポイントもあり、40-15から簡単にキープと上々の立ち上がり。

4~7ゲーム振り返り

大坂はサービスゲームが非常に安定しており、安できる展開!
対し、メルテンスはサービスゲーム4ゲーム目6ゲーム目とともに選考はするものの、そこから大坂がラリーで相手を制し楽にキープできている状況とはならず。
7ゲーム目、15-30とサービスゲームでリードされるが、ココから精度の高いサービスが3本連続で決まり、キープ。

8ゲーム~

8ゲーム・9ゲームはともに簡単にキープ!
10ゲーム目、メルテンスのサーブゲームで大阪は1ポイント目をリターンエース、2ポイント目をラリーからポイントし0-30。チャレンジの失敗もあり30-30となるが、そこから2ポイントをとり、ファーストゲームを大坂がとる。

スポンサーリンク

2セット 実況

1G 2G 3G 4G 5G 6G 7G 8G 9G 10G 11G 12G

※ 〇キープ ●ブレイク

1~3ゲーム振り返り

ファーストゲームを取った大坂サービスからの第2セット、ポイントにはならなかったがネットプレーを取るなど躍動感あるプレーは継続し、キープ。
2ゲーム目、リターンからの攻撃を積極的に仕掛けてくる大坂に対し、攻め急ぎがでてしまったメルテンス。大坂は第2セット序盤でブレイクに成功。
3ゲーム目、大坂はこの試合初となるダブルフォルトもあり0-40とされると、次のポイントもダブルフォルトとしブレイクバックされる。

4~7ゲーム振り返り

メルテンス、この日5本目となるダブルフォルトからの4ゲームとなり、大坂がラブゲームで2ゲーム目に続くブレイク。
続く5ゲーム、大阪はサーブで2ポイントを取るなど、しっかりサービスゲームを立て直し、ラブゲームでキープ。
6ゲーム、メルテンス30-0リードから4連続ポイントでこのセット3回目のブレイク。
そのまま、終始安定したプレーを見せた大阪が第2セットも6-1で取り、決勝進出。

スポンサーリンク

東レパンパシフィックテニス2019放送

WOWOWは4大大会を生中継で配信しています。東レパンパシフィックテニス2019の放送も生中継が予定されいます。

また、WOWOWではオンデマンドに無料登録することができ、スマホやタブレットなどでどこからでも視聴を楽しむことができます。

コメント