テニスボールの種類とおすすめの購入方法【初心者ガイド】

テニス初心者ガイド

テニスボールに種類があるのをご存知でしょうか。実は使用するテニスボールの種類を誤ってしまうと、テニス上達の妨げになるばかりでなくケガの原因にもなってしまいます。

テニスボールに関する種類と使用上の注意点についてお伝えしていきます。

テニスボールの種類

テニスを始めたばかりの初心者は、あまりテニスボールの状態を気にしませんよね?

実はテニスボールには、プレッシャーボールノンプレッシャーボールの2種類のボールがあります。

この2種類のボールの特徴を知ることで、ボールの変え時や練習メニューに合わせてボールを使い分けることができ、練習効率をあげることに繋がってきます。

では、プレッシャーボールとノンプレッシャーボールの特徴をそれぞれ見てきましょう。

プレッシャーボールの特徴

プレッシャーボールは、主に公式大会で使用されるボールです。特徴は以下の通りです!

・試合球として使われる
・ゴムと空気圧からできている
・耐久性は良くない(空気が抜けるため、3か月が目安)
・打感が軽く感じる
・値段が高め

プレッシャーボールはゴムの中に空気圧をいれて作られていますので、空気が抜けてしまうと本来のボールの弾み具合を著しく落とすことになります。

販売時は缶の中に密封状態で販売されていて空気が逃げないようにしてありますが、封を開けた瞬間から空気は徐々に抜けていき劣化を始めます。

耐久性が悪い代わりに、打感は非常によく、新品の状態で打球した時の爽快感はかなり気持ち良く、多くのテニスプレーヤーが試合だけでなく練習の時にも使っています。

ノンプレッシャーボールの特徴

ノンプレッシャーボールは、主に練習用として使用されるボールです。特徴は以下の通りです!

・試合で使われることはほとんどない
・ゴムのみで作られている 
・耐久性は良い(1年以上)
・打感が重く感じる
・値段は安め

ノンプレッシャーボールはゴムのみで作られていて空気を入れていませんので、空気が抜けることによる劣化はありません。

販売時は空気を閉じ込めるために真空状態にする必要がないため、ビニールなどに入っていることが多いです。

ゴムでできていますので耐久性の面では良いですが、打球時にプレッシャーボールのような爽快感は得られず、常に重い感覚を受けてしまいます。

プレッシャーとノンプレッシャーどちらが良いの?

では、どっちが良いのかという話ですが、断然プレッシャーボールです!

理由として、テニスの最終目標は試合であり、試合で使われるボールがプレッシャーボールだからです。

プレッシャーボールは打感が軽いため、余計な力を入れる必要もなく、力みのないスイングを作ることにもつながります。

ただ、劣化は非常に早いのでこまめにボールを取り換えるというデメリットは出てきます。ですが、デメリットを差し引いてもプレッシャーボールで練習をするべきだと考えます。

では、ノンプレッシャーは使いどころはないのでしょうか?

ノンプレッシャーのメリットは価格が安いことと耐久性に優れていることです。

できるだけ経費をおさえたいサークルなどでは、非常に重宝すると思います。

ですが、ボールの質は決して良くはないので、スイングが崩れたりテニス肘の原因にもなるというリスクを常に頭にいれておくとよいでしょう。

▼管理人おすすめのテニスボールはこちら▼

テニスボールのおすすめ6選|メーカー別に耐久性・打感・価格を比較
テニスの練習や試合で絶対に必要となる「テニスボール」。ただ、なんでもよいやと言って適当にテニスボールを買うのはおすすめできません。というのも、テニスボールには種類やそれぞれに特徴があるからです。 現役のテニスコーチがこれまで使用してきた経...

 

テニスボールの使用上の注意

テニスボール(プレッシャーボール)を使う上で、知っておかなければならないのが、テニスボールの変え時です。

空気が抜けたペコペコのボールでもテニスはできますが、打った時の爽快感が全くありませんし、なんといってもフォームを崩す原因ともなります。

テニスボールの寿命は?

プレッシャーボールの場合、缶を開けた時からボールの劣化は始まります。

使用頻度にもよりますが、1か月~2か月ほどで新品時の性能はほぼ失われ、3か月もたつとボールが弾まない状態になります。

そのため、プレッシャーボールを変える目安は1か月~2か月と覚えておきましょう。

仮に、1回しか使ってなく見た目が綺麗だからといって、缶からボールを出して何か月もたったボールを使っても、本来のボールの性能は失われていますのご注意ください。

そして、空気の抜けたボールを使うとテニス上達の妨げにもなってしまいます。

新品テニスボールでテニスが上手くなる?

テニスの試合では常に新品のボールを使用しますので、普段の練習から新品に近い状態のテニスボールを使うことで、試合の時に近い状況でテニスを練習できます。

また、空気が抜けた状態のボールを使用して練習をすると、ボールの飛びが悪いので余計な力を入れてスイングをしやすくなるため、テニスが上達しません。

試合に近い状況で、常に飛びの良いボールを使用することは、テニス上達に欠かせない要素となりますので、ぜひボールの状態にも気を使ってみてください!

テニスボールの価格とおすすめの購入方法

テニスボールの価格

先ほども挙げた通り、プレッシャーボールとノンプレッシャーボールでは、ボール1球当たりの値段が変わってきます。

プレッシャーボール:100円~(1球当たりの価格)

プレッシャーボール:100円前後(1球当たりの価格)

最近ではプレッシャーボールの値段もかなり落ちてきていますが、それでも1球当たり100円をきるボールはありません。大体が120円前後の価格となります。

ノンプレッシャーは1球当たり100円前後となり、使える期間も1年以上と長いことからかなり経済なのがわかると思います。

ですが、SKがおすすめしたいのはプレッシャーボールです。そこで、プレッシャーボールをお得に購入する方法をお伝えしていきます。

テニスボールを激安で購入する方法

物を購入する際では、単品で買うよりも大量買いする方がお得に買うことができますね。

そこでおすすめしたいのが、プレッシャーボールをネットでケース買いです。

ダンロップが出しているセントジェームスというテニスボールを例にあげて単品購入とケース購入を比較してみます。

単品の場合

ダンロップ(DUNLOP) テニスボール St.JAMES(セントジェームス)4球入 1缶 STJAMESE4DQZ

価格:520円
(2018/9/3 06:03時点)

単品の場合、4球で520円の価格となります。1球当たりは130円ということになりますね。

 

ケースの場合

ダンロップ テニスボール セントジェームス (St.JAMES) 4球×15缶(60球) 箱売り (STJAMES I (4) CS60)(STJAMESE4T) 硬式テニス プレッシャーボール DUNLOP

価格:7,800円
(2018/9/3 05:59時点)

ケースで購入した場合は、1ケースが60球(4球入り缶が15個)ですが、なんと2缶(8球)がおまけということで、68球で7800円ということになります。1球当たりの値段は約115円となります。

単品よりもケースで勝った方が1球当たり15円お得ということなりますね。

たかだか15円でしょ?と思うかもしれませんが、年単位で考えると結構なさになります。

2か月に1回、100球のボールを買い替えるサークルの場合、年間で600球のボールを使うことになります。

単品で勝った場合とケースで勝った場合の差は

単品購入の場合  130円×600球=78000円

ケース購入の場合 115円×600球=69000円

78000円(単品購入)-69000円(ケース購入)=9000円

年間約9000円もお得になるということですね!

セントジェームスは、数あるテニスボールの中でも高価な方なので、例えば激安なテニスボール HEADのPEENというテニスボールの場合、5280円で買えちゃいます。

HEAD penn 『 テニスボール 』 硬式テニスボール ペン 60球(3球×20ケース) USTA公認ボール

価格:5,280円
(2018/9/3 06:19時点)
感想(2件)

 

テニスボールによって打感に違いはありますので、お財布事情と相談して決めてもらいたいですが、間違いなく言えることは単品購入よりケース購入の方が断然お得ということです。

他のテニスボールもみたい!という方は管理人がおすすめするテニスボールをご覧ください。

テニスボールのおすすめ6選|メーカー別に耐久性・打感・価格を比較
テニスの練習や試合で絶対に必要となる「テニスボール」。ただ、なんでもよいやと言って適当にテニスボールを買うのはおすすめできません。というのも、テニスボールには種類やそれぞれに特徴があるからです。 現役のテニスコーチがこれまで使用してきた経...

 

まとめ

テニスボールはテニスを快適に楽しむために常に良い状態のものを使用したいですね。

目的に合わせてプレッシャーボールを使うかノンプレッシャーボールを使うかは様々だと思いますが、それぞれの特徴をしっかりと押さえておくことが大切となります。

現在使用しているボールを見直してみてはいかがでしょうか?

\こんな記事もあります/

テニスの疑問や悩みを解決!!

テニスを始めたい方へ!!

圭やなおみの対戦成績も!!


\SKのレッスン情報/

画像の説明文

 

 

 

コメント