2018楽天オープンテニス|錦織圭のドローや速報・大会結果 その他日本人の活躍は?

錦織圭|大会情報

10月1日より開催された楽天オープン2018には、男子シングルスに錦織圭選手を筆頭に5人もの日本人選手が出場しています。
・錦織圭     
・ダニエル太郎  
・杉田祐一
・西岡良仁
・綿貫陽介

日本人選手の活躍や、4年ぶりの優勝を狙う錦織圭選手の結果は皆さん気になるところだと思います!錦織圭の大会結果も含め、楽天オープンのドローやその他日本人選手も含め速報していきます。

錦織圭(にしこりけい)のプロフィールや過去成績まとめ
日本のテニスブーム再来の火付け役となり、2008年から日本テニス界を引っ張り続ける錦織圭選手。そんな錦織選手のプロフィールや今までの戦歴をまとめてみました。 スポンサーリンク (adsbygoogle = window...

楽天オープン大会ドロー

10月2日現在の勝ち上がり状況です。

一回戦の注目カードは錦織圭選手VS杉田祐一選手の日本人対決!

また、綿貫陽介選手が予選を勝ち上がり、見事本選に出場することができました。

先週ATP250を初優勝した西岡良仁選手は、初戦を強敵キリオス選手と対決することになりました。

楽天オープン2018錦織圭選手の結果

1回戦 10月1日(月) 錦織圭VS杉田祐一 

錦織圭  6-4
6-1
杉田祐一

錦織選手はサーブの展開に苦しむも、持ち前のリターン力とストロークの展開力を生かし、ストレートで杉田祐一選手を下し2回戦へコマを進めました。

2回戦 10月3日(水) 錦織圭VSブノア・ペール

錦織圭 6-3
7-5
B.ペール

予測不能のショットを繰り出してくる難敵ペール選手をストレートで下し準々決勝へと駒を進めました。苦手意識が強かっただけにこの勝利は、錦織選手にとって価値のある勝利となりましたね。

準々決勝 10月5日(金) 錦織圭VSチチパス

錦織圭  6-3
6-3
S.チチパス

試合内容は、圧倒でした。常にゲームを試合し優位に進めることのできた錦織選手は、この試合4度のブレークに成功しました。リターンゲームが取れたことで、サービスゲームでも落ち着いて試合運びができたという錦織選手の言葉通り、終始リードしたままの完勝! 優勝へまっしぐらですね♪

準決勝 10月6日(土) 錦織圭VSガスケ

錦織圭  7-6
6-1
R.ガスケ

苦手としているガスケ選手に第一セットを我慢の展開からタイブレークで奪取!そのままの勢いで第2セットを6-1というスコアで獲得しました。錦織選手が珍しく試合後のインタビューで「正直にうれしい」という言葉を残すほど価値のある勝利を手にしました。 

10月7日の決勝戦ではノーシードながら勝ち上がってきた世界ランク32位のメドベージェフ選手と対戦します。

準決勝 10月6日(土) 錦織圭VSガスケ

錦織圭 

2-6
4-6

D.メドベージェフ

楽天オープン2018全試合結果

ここでは、錦織圭選手を含め、全試合のスコアと対戦結果を記載していきます。

10月1日(月) 1回戦(ラウンド32) 7試合

【見どころ】

注目は何といっても錦織圭VS杉田祐一の日本人対決。錦織選手は「いつかは対戦すると思っていたけど、まさか初対戦が日本でなくてもよかったのに」とコメントしています(笑)

綿貫選手も登場しますね。格上相手なので、若さを前面に押し出してアグレッシブルにプレーしてもらいたいです。

勝者 スコア 敗者
D.メドベージェフ

6-4
6-1

D.シュワルツマン(4)
M.クリザン 6-4
7-6
S.ジョンソン
綿貫陽介 6-7
6-4
6-1
R.ハーセ
D.シャポバロフ 6-3
3-6
6-2
チョン・ヒョン(7)
M.ラオニッチ(6) 6-3
6-4
A.マナリノ
B.ペール 6-4
7-6
N。ジャリ
錦織圭 6-4
6-1
杉田祐一

【結果】

楽天オープン1回戦の結果は上記の通りです。
シード選手が2名敗退(シュワルツマン選手(4)とチョン・ヒョン選手(7))となる、波乱の1回戦となりました。

綿貫選手は世界ランク44位のロビン・ハーセ選手にフルセットの末、大金星をあげ2回戦へと駒を進めました。次の対戦相手は、ビックサーバーのラオニッチ選手となります。

 

10月2日(火) 1回戦(ラウンド32) 6試合

【見どころ】

第1シードのチリッチが登場!錦織選手とは1か月前の全米オープンでフルセットの勝負を演じ、その時は錦織選手が勝利。チリッチ選手も錦織選手が出場する楽天オープンへの意気込みは高いと思いますので、1回戦の戦い方に注目していきたいですね。

ケガの影響で思うように成績を伸ばすことのできないワウリンカ選手が登場。元世界ランキング3位のワウリンカ選手は、実力は申し分ありません!今大会の台風の目になるか?

なお、ダニエル太郎選手が第5シードチチパス選手と対戦します。

  スコア  
R.ガスケ(8) 7-6
6-3
D.クドラ
M.マーテラー 5-7
4-6
F.ティアフォ
S.ワウリンカ 6-4
6-4
T.フリッツ
J.シャルディー 4-6
6-3
6-3
D.ズムル
M.チリッチ(1) 6-4
4-6
6-7
J.ストルフ
S・チチパス(5) 6-1
6-3
ダニエル太郎

【結果】

第1シードのマリン・チリッチ選手がまさかの初戦敗退。序盤はストルフ選手を圧倒していましたが、セカンドセットを落とし1-1とします。最終セットはお互いにサービスキープが続きタイブレークとなりますが、スコア7-1となり、ストルフ選手が2回戦へコマを進めました!

その他のシード勢に加え、ワウリンカも順当に2回戦へと駒を進めましたね。

 

10月3日(水) 1回戦(ラウンド32) 3試合 2回戦(ラウンド16) 3試合

【見どころ】

大会3日目は、日本人選手が3名登場し、錦織圭選手の試合も組まれています。

錦織選手の相手は、今年の全仏2回戦でも対戦したペール選手。強烈なバックハンドと予測がつかない展開を得意とするペール選手とは4勝2敗で錦織圭選手が勝ち越していますが、強敵であることは間違いありません。

ATP250 を初優勝した西岡良仁選手は、強敵キリオス選手と1回戦を、予選から勝ち上がった綿貫陽介選手は第6シードとそれぞれ対戦となります。

WIN スコア LOSE
N.キリオス 7-5
7-6
西岡良仁
K.アンダーソン(2) 6-4
6-7
6-2
M.エブデン
A.デミノー 6-7
7-6
6-2
G.シモン
M.ラオニッチ(6) 6-3
7-6
綿貫陽介
D.メドベージェフ 6-4
6-3
M.クリザン
錦織圭(3) 6-3
7-5
B.ペール
D.シャポバロフ 4-6
6-1
6-4
S.ワウリンカ

【結果】

錦織圭選手は、天敵であるペール選手をストレートで下し、3回戦進出をきました!

西岡選手は、キリオス選手に粘りのある試合を見せますが、惜しくも2回戦敗退となり、綿貫選手もストレートで2回戦敗退となり、これで日本人は錦織圭選手のみとなってしまいました。

西岡選手・綿貫選手ともに世界のトップで活躍する選手を相手にできたことは良い経験となったと思います。両者ともまだまだ若いので、今後の成長を期待し来年の楽天オープンでの活躍を期待したいですね。

10月4日(木) 2回戦(ラウンド16) 

【見どころ】

4日の対戦で全ベスト8がでそろいます。

残っているシード選手(アンダーソン・チチパス・ガスケ)がこれから連戦となってくるため、できるだけ疲労をためずに戦いところです。

第一シードのチリッチ選手を破ったストルフ選手は、ダブルスでも日本人選手マクラクラン勉選手と組み1回戦を見事突破しました。

勢いに乗るストルフ選手が次の対戦も勢いそのままで勝ち上がることができるか注目です。

WIN スコア LOSE
J.ストルフ 7-6
6-7
6-4
J.シャルディー
S.チチパス(5) 6-5
5-7
6-1
A.デミノー
K.アンダーソン(2) 6-3
3-6
6-2
F.ディアフォ
R.ガスケ(8) 7-6
7-6
N.キリオス

【結果】
シード勢が充当に勝ち進みましたね。

今大会絶好調のストルフ選手もシングルス・ダブルスともに勝利しました。

10月5日(金) 準々決勝(ラウンド8) 

【見どころ】

日本勢は錦織選手のみとなりました。対戦相手は若手で今年急激に伸びた第5シードのシチバス選手です。

大会前に錦織選手は珍しく日本の地で優勝したいと優勝の二文字を口にしています。2回戦でも調子を崩さずにプレーしていますので、コンディションは良いのではないでしょうか?

若手らしい思い切りの良いテニスをするシチパス選手とどう戦うのか見ものですね。

WIN スコア LOSE
D.シャポバロフ 4-6
7-6
6-4
J.ストルフ
D.メドベージェフ 7-6
6-3
M.ラオニッチ
錦織圭(3) 6-3
6-3
S.チチパス
R.ガスケ 7-6
7-6
K.アンダーソン(2)

【結果】

ベスト4が出そろいました。注目の錦織選手は、第5シードのシチパス選手を圧倒しストレートで勝利しました。

展開力、創造力でシチパス選手はなにもできず、ほぼ完ぺきな試合だったと言えます。錦織選手本人も戦術面をかなり意識していたという言葉を残しており、試合前に描いていた戦術が見事ハマった形となり、3戦連続のストレート勝ちとなりました。

その他の試合では、第2シードのアンダーソン選手、第6シードのラオニッチ選手が破れ、ベスト4に残っている中で錦織選手が一番シード順が高い状況となりました。

10月6日(土) 準決勝

【見どころ】

錦織選手が準決勝で戦うガスケ選手は苦手としている相手なのです…。両者の過去対戦成績は2-7とガスケ選手が大きく勝ち越しているデータがあります。

ですが、ウィンブルドンから徐々に本来のテニスを取り戻している今の錦織選手は非常に充実していますので、良い結果となるように注目していきましょう。

  スコア  
D.メドベージェフ 6-3
6-3
D.シャポバロフ
錦織圭(3) 7-6
6-1
R.ガスケ

10月7日(日) 決勝

【見どころ】

錦織選手とメドベージェフの対戦成績は1‐0で、2018年のモンテカルロマスターズで錦織選手がストレートで勝利しています。

まだ1回の対戦しかない両者なので、苦手意識なども芽生えなていないとは思います。今大会の錦織選手はリターンがさえているだけでなく、サーブキープも変な落とし方をせず好調を維持していますね。

4年ぶりとなる楽天オープン優勝まであと1勝!楽しみですねー

  スコア  
錦織圭(3) 2-6
4-6
D.メドベージェフ

【結果】

楽天オープン2018で3度目の優勝に王手をかけた錦織選手でしたが、昨日のテニスが嘘のように全く思い通りのテニスができず、惜しくも準優勝という結果になってしまいました。

ATPファイナルズ出場もかかっている大切な時期なだけにこの準優勝は非常に痛いですが、10月8日から始まる上海マスターズで好成績を収め、ファイナルズ出場を果たしてもらいたいですね。

コメント