フェデラーと錦織圭の戦績は?両者のプレースタイルから相性を分析

錦織圭対戦成績

4/1更新

錦織圭選手20年以上も男子のみならずテニス界全体を引っ張り続けているレジェンドロジャー・フェデラーの「通算対戦成績」「コート別対戦成績」「錦織圭とフェデラーのプレーの相性」についてまとめました。

プレースタイルの相性などはかなり主観が入りますが、温かい目で見ていただければと思います。

スポンサーリンク

ロジャー・フェデラーとは

自己最高位1位

出身 スイス
年齢 37歳
身長 185㎝
体重 85㎏
プロ転向 17歳

プロ歴が21年目を迎えるベテランプレーヤーですね。もはや、超人というかテニスの神様!?

フェデラーが史上最高の選手と呼ばれる所以は数多くあり、ありとあらゆる歴代記録保持者となっています。

・ツアー通算101勝(シングルス)

・4大大会優勝回数20

・キャリア・グランドスラム達成

<歴代記録>
※グランドスラム編(単独記録のみ)

・男子最多優勝

・男子最多決勝進出数30回

・男子最多連続決勝進出10連続

・大会通算最多出場74回

・最多勝利数339

・ハードコート最多勝利数179勝

他にも細かいものを上げればきりがないほどの記録を持つフェデラー選手。

そんなフェデラーも2013年・2016年には一気にランキングを落とし、もうフェデラー時代は終わったとささやかれましたが、そこから見事にカムバック!2017年の全豪オープン決勝「フェデラー対ナダル」の1戦は10年前の際限のようで見るものを感動させましたよね。

同時期のライバル「ナダル」の存在がより男子テニス界を長年盛り上げている理由ともなっています。

 

ロジャー・フェデラーのプレースタイル

皆さんも知っての通りすべてにおいて高いレベルのショットを持つオールラウンドプレーヤーですね。

フォアの逆クロスは歴代NO1のとも言われ、スライス・ドロップ・ボレーなど小技のレベルも非常に高く、タッチ感覚が異次元のすごさを持つ選手。

年齢や怪我とともに昔の圧倒的な技術テニスから早い展開のテニスを取り入れ、サーブボレーやライジングショット、さらには角度のあるショットのレベルをさらにあげ肉体的疲労を軽減していくテニスをしているように思えます。

錦織圭VSフェデラーの対戦成績

錦織選手とフェデラー選手は過去に10回対戦があります。

錦織選手があこがれの選手で目標におくフェデラー選手の対戦成績は

 

・錦織圭 3勝

・ロジャー・フェデラー 7勝

 

と、フェデラー選手が大きく勝ち越しています。

錦織圭選手がフェデラー選手に勝利した試合は、両者が2回目の対戦となった2013年と錦織圭選手が乗りに乗っていた2014年、2018年ATPファイナルズの3試合です。

<2018年>ATPファイナルズ ラウンドロビン初戦

選手   1S 2S 3S
 錦織圭  ○ 7 6  
 R.フェデラー  ✖ 3  

<2013年>ムチュア・マドリード・オープン

選手   1S 2S 3S
 錦織圭  ○
 R.フェデラー  ✖

<2014年>マイアミ・オープン

選手   1S 2S 3S
 錦織圭  ○ 3 7 6
 R.フェデラー  ✖ 6 5 4

それ以降は、フェデラー選手が7連続で錦織選手から勝利を収めています。

2014年以降勝てていない錦織選手ですが、試合内容は1ブレイク差など圧倒されて負けている試合は少ないのですが、ここぞという試合のターニングポイントでフェデラー選手がしっかりとブレイクをして勝利を収めているといった内容が2014年以降の両者の試合内容になっています。

 

最近3試合の錦織圭VSフェデラーの試合詳細

【錦織初戦】ATPファイナルズ2018|速報・放送予定・対戦情報

【錦織圭準々決勝】パリ・マスターズ2018|速報・放送予定・準々決勝結果

【錦織圭4回戦】上海マスターズ1000|準々決勝の速報・対戦カード・結果

コート別対戦成績

コート別での両者の成績は以下の通りです。

錦織圭 コート フェデラー
0勝 クレー 0勝
0勝 グラス 1勝
3勝 ハード 5勝

ほとんどがハードコートでの対戦となっています。

グラスコートにはめっぽう強いフェデラー選手ですが、クレーコートはどちらかというとパフォーマンスが落ちています。

クレーコートでの対戦があったら勝敗は変わってたかもしれませんね。

 

錦織圭とフェデラーのプレーの相性は?

常に錦織圭選手をリスペクトしているフェデラー選手!特にリターンの強さは世界トップクラスと認めており、フェデラー選手はいかに錦織選手にブレイクされないかを意識してプレーをしているそうです。

球種は違いますが、タイプ的にはよく似ている二人。展開力と小技を駆使して相手に早いタイミングでラリーを支配していく両者は、実力がそのまま試合結果に表れる気がしています。

ライジングショットで速い展開となる両者の対決では、フラットに近いフェデラー選手の方が早いコートでは優位に進んでいくことが多く、ハードコート5連敗も、フェデラー選手がより速い展開のテニスを目指してプレーしていたことも大きく関係してくるでしょう。

一方錦織圭選手はマイケルチャンコーチがついていこう、格下の相手に負ける割合が少なくなり安定したプレーを手に入れましたが、その一方で爆発力にかける場面もあり、格上の相手にはなかなかチャンスが見いだせずにいるのではと感じています。

今の安定力に錦織圭選手が本来持つ天性のテニス感覚が合わさりコートで表現できればフェデラー選手にも勝利する可能性が大きくなるのではないのかなーと勝手に思う次第です。

…ここ数年、錦織選手のエアKを見れることはなくなりましたしね汗

どちらんせよ、両者の相性はその時の調子次第でいかようにも変わってくると思いますので、勝利のチャンスは十分にあると思います。

スポンサーリンク

 

まとめ

錦織選手とフェデラー選手の対戦成績についてまとめましたが、フェデラー時代を終わらせるのは錦織やチリッチなど20台後半の世代でなくてはなりません!

2018年はすでに二度戦っており、競りながらもストレートで敗戦している錦織選手ですが、ATPファイナルズでの対戦の機会もまだ残されています。

フェデラーが現役でい続ける限り、両者の試合は常に白熱したものとなると思いますので、これからも注目していきたいですね。

 

\こんな記事もあります/

テニスの疑問や悩みを解決!!

テニスを始めたい方へ!!

圭やなおみの対戦成績も!!


\SKのレッスン情報/

画像の説明文

コメント