大坂なおみの新コーチが決定!ジェンキンス氏の経歴やコーチ実績

テニスニュース

2月28日、大坂なおみ選手のSNSから新コーチ決定の発表がありました。新コーチとなる人物は、元世界NO1で現在もトッププレーヤーとして活躍するビーナス・ウィリアムスのヒッティングパートナーを務めたアメリカ国籍のジャーメーン・ジェンキンス氏となります。

大坂なおみの新コーチジャーメーン・ジェンキンスの経歴や大坂なおみとの相性などをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ジャーメーン・ジェンキンスとは

ジャーメーン・ジェンキンス氏は元プロテニスプレーヤーで活躍した人物となります。

国籍 アメリカ合衆国

年齢 34歳

自己最高位 1386位

プロ生活は大坂なおみの元コーチサーシャ・バイン氏と変わらない実績となります。その後、ジャンスキン氏は2015年から元世界ランキング1位のビーナス・ウィリアムズのヒッティングパートナーを経て、2018年からはアメリカのナショナルコーチともなっています。

錦織圭選手のコーチ、マイケルチャン氏は元世界ランキング2位と実績十分なのですこし物足りない印象がありますが、大坂なおみ選手が承認したであろう人物です!技術面・メンタル面に関しての知識は一級品ということなのでしょうか?次にジャンスキン氏のヒッティングパートナーでの功績について書いていきます。

ジャーメーン・ジェンキンスの経歴

ビーナス・ウィリアムズと言えば、妹のセリーナ・ウィリアムズとともにウィリアムズ姉妹としてテニス界を震撼させた実力の持ち主です。しかし、ビーナスは怪我や病気との闘いでランキングを上げたり大きく下げたりと安定しないプロ生活を送っていました。

2度目の大きな怪我でランキングを大きく下げ、年齢が30歳を超えていたこともありビーナスは終わりと世間からささやかれる中、2015年からランキングを急上昇させ2011年以来となるトップ10入りを果たしました。その時のヒッティングパートナーこそ大坂なおみの新コーチジャーメーン・ジェンキンス氏でした。

ビーナスウィリアムズを復活させた功績で2018年からはアメリカナショナルチームのコーチを務めるほどとなり、周囲からは時期にプロ選手と契約を結ぶだろうと高く評価をされていた中、今回の大坂なおみのコーチに就任した流れとなります。

大坂なおみが求めるコーチ像に適任?

大坂なおみがサーシャコーチと契約解除となった本当の理由は明かされていませんが、メンタル強化を果たしたことでさらなる高みへ行くためにコーチを変更したとの見方があります。

メンタル部分ですごい功績を残したサーシャ氏でしたが、プロでの実績が伴わず世界トップの景色を見ている人物を求めてのことだったのかもしれませんね。

今回新コーチとして就任したジャーメーン・ジェンキンス氏はプロ生活こそサーシャコーチ同様に目立った成績を残せていませんが、元世界NO1のビーナス氏を復活させたという点で

・世界トップクラスの景色をスタッフとしてみてきた

・ナショナルコーチに抜擢されるほどの技術的な指導力

・パワー+しなやかさがあるビーナス選手を復活させたということで、大坂なおみが求めるパワーテニス+αの部分を任せられると踏んだ

大坂なおみが求める人物に合ったコーチだ思います。

また、大坂なおみが次に求めるコーチとしてポジティブな人物という条件を語っていましたが、一度衰退した選手をまたトップ選手へ押し上げるには選手を相当ポジティブにもっていかなければなりませんので、そういった面でもうってつけかもしれませんね。

大坂なおみ新コーチまとめ

サーシャコーチと契約解除してコーチ不在のまま挑んだドバイテニス選手権では1回戦で敗退し会見で涙も流す精神状態だった大坂なおみ選手。次の大会は昨年大坂なおみ選手が優勝をして一気にランキングを上げた大会でもあるパリバ・オープン(3月2日~)となり、この大会がジャーメーン・ジェンキンスと戦う初の大会となります。

▼パリバオープンの情報はこちら▼

【大坂なおみ】BNPパリバ・オープン2019女子のドロー・出場選手・放送予定
3月5日ドロー発表 大坂なおみの2019年4戦目は3月6日(水)より始まるBNPパリバ・オープン女子となります。 昨年同大会で優勝してから大坂なおみの世界1位へのロードが始まったといっても過言ではない思い出深い大会でもあります。 また...

大坂なおみの新体制として踏み切る非常に重要な大会となってきますので、注目していきたいですね。

スポンサーリンク

\こんな記事もあります/

テニスの疑問や悩みを解決!!

テニスを始めたい方へ!!

圭やなおみの対戦成績も!!


\SKのレッスン情報/

画像の説明文

コメント