大坂なおみ マドリードオープン2019女子の速報・試合予定・結果

テニス大会情報

5月4日から本選の1回戦が始まるムチュア・マドリード・オープン2019女子に大坂なおみ選手が第1シードとして登場します。

大坂なおみ選手は昨年1回戦敗退となっていますので、ポイントを稼ぐチャンスとなっています。

大坂なおみ選手のマドリードオープン女子の速報や次の試合予定・対戦情報・ドロー結果をお伝えしていきます。

※ムチュア・マドリード・オープン女子の大会情報は下記のリンクよりご覧ください。

大坂なおみ マドリードオープン2019女子のドロー・放送予定・出場選手
大坂なおみの2019年7戦目は5月4日(土)より始まるムチュア・マドリード・オープン女子2019となります。 ポルシェグランプリでは、大坂なおみはベスト4まで進むも左腹部を痛め棄権となり状態が心配されますが、マドリードオープンに出場予定と...

 

スポンサーリンク

大坂なおみ3回戦速報|マドリード・オープン2019女子

大坂なおみ選手はベスト8進出をかけ、3回戦でサスノビッチ選手との対戦となります。

5月8日 試合開始予定

大坂なおみ VS サスノビッチ

選手   1S 2S 3S
大坂なおみ【1】 2 6 6  
サスノビッチ 0 2 3  
第2セット 

1G【大】デュースからキープ
2G【サ】大坂ブレイク
3G【大】サスノビッチブレイク
4G【サ】大坂ブレイク
5G【大】40-15キープ
6G【サ】40-15キープ
7G【大】
8G【サ】

第1セット 20:25~21:08

1G【大】ラブゲームキープ
2G【サ】大坂ブレイク
3G【大】デュースの末キープ ほしい場面でサービスエースを決め、キープ 
4G【サ】デュースの末キープ
5G【大】デュースの末キープ 40-0からデュースに追いつかれるも最後はサービスエースでキープ
6G【サ】デュースの末キープ
7G【大】デュースの末キープ
8G【サ】大坂ブレイク 安定したリターンをみせ、ダ1セットを取る

序盤は無理をせずにしっかりとラリーをしている印象。
中盤はリードしていることもあり、攻めのテニスに変えているが、ミスが増えてきた。また、サスノビッチがコートを広く使ういつものプレーをし、一進一退となる。
第10ゲームでは、再び安定したプレーを心掛けた大坂が第1セットを6-2で取る。

3回戦の対戦相手情報

大坂なおみ世界ランキング33位のサスノビッチと対戦します。

大坂なおみとサスノビッチは過去に2度対戦があり、すべてストレートで大坂が勝利しています。

2016年楽天オープン準々決勝 6-4 7-5
2018年全米オープン3回戦 6-0 6-0

直近の試合では、サスノビッチにダブルベーグルで勝利しているだけに、印象はよいはずです。

サスノビッチはパワーやスピードはそこまでありませんが、非常に戦略的な試合を展開します。ハードコートでは大坂のボールの勢いが上まった形となりましたが、クレーではボールの威力が軽減されてしまうため、タフな試合展開が予想されます。2回戦でタフネステニスのサラを破ったことが大きなアドバンテージとなってくるかもしれません。

スポンサーリンク

大坂なおみ2回戦速報|マドリード・オープン2019女子

大坂なおみ選手は初戦を突破し、2回戦進出を決めました。2回戦の相手は地元スペイン勢の勝者となります。

※対戦相手はソリベス=トルモとなりました。

5月7日 試合開始予定

大坂なおみ VS ソリベス=トルモ

選手   1S 2S 3S
 大坂なおみ【1】 2 7 3 6
サラ ソリベス=トルモ 1 6 6 0
1セット 20:33~21:45

サラ、サービスでスタート

1G【サ】40-30からキープ
2G【大】40-15からキープ 最後は大坂サービスエース
3G【サ】大坂ブレイク バックハンドでウイナーし最初のブレイクを取る。サラのボールにしっかり順応している 2-1大坂
4G【大】サラブレイク このゲームからスライスを多様してきたさらに対し、ミスを重ね3度のデュースの末ブレイクを許す
5G【サ】デュースからキープ スピン・スライスをうまく使い、大坂に攻めさせないテニスでサラが4度目のデュースでキープ 2-3サラ
6G【大】ラブゲームでキープ 最後はサービスエース
7G【サ】大坂ブレイク この試合2回目のブレイク 4-3大坂
8G【大】サラブレイク 大坂を前後にゆすりつつ、立体的なテニスを演じ、さらブレイク
9G【サ】40-30からキープ 大坂が立て続けにストロークミスで相手にポイントを献上 4-5サラ
10G【大】40-30からキープ 
11G【サ】ラブゲームでキープ 大坂攻めにいった結果4本のアンフォーストエラーとなる 5-6サラ
12G【大】デュースの末キープ タイブレークへ

~タイブレーク~

大0-1サ
大1-1サ
大2-1サ
大3-1サ 大坂ミニブレイク
大4-1サ 大坂ミニブレイク
大5-1サ
大5-2サ サラミニブレイク 
大5-3サ
大5-4サ
大6-4サ 
大6-5サ サラミニブレイク
大7-5サ 大坂ミニブレイク

序盤、サラは徹底してスピンのかかったゆるいフォアストロークを大坂のバックに集めているといった展開。大坂は打ち急ぐことなく、しっかりと対応している。
4ゲーム目以降、サラがスライスを多様し、大坂のミスが目立ち始める。しかし、大坂も6ゲーム目以降相手のフォアに集め、スライスを封じる戦略を取る。
8ゲーム目からは、大坂のオーバーアウトが目立ち、打ち急いでいる状況に。攻めていくのが大坂のスタイルだがサラがもくろむ展開へと移っていく。
大坂はリターンゲームで回転量を増やしたり、超攻撃テニスをしたりといろいろと試しているがブレイクが取れず、タイブレークとなる。
ターブレークでは一時5-1とリードするも、そこから追い上げられる。結果として第1セットは取ったが、大坂がリードした後すぐに追いつかれる展開になっているため第2セットでの課題となりそう。

2セット 21:49~22:36

1G【大】40-30からキープ
2G【サ】大坂ブレイク 15-40と2本のブレイクチャンスを握るがリターンミスでデュースへ。デュース後はしっかり入れていくリターンに切り替えブレイクに成功
3G【大】サラブレイク ラブゲームブレイク 2-1大
4G【サ】40-30からキープ 大坂のミスを誘う展開をサラが演じ、ブレイクならず
5G【大】40-15からキープ 3-2大
6G【サ】デュースからキープ 大坂5度のデュースの末、ブレイクならず。リターンエースか大坂のミスという大坂劇場のゲームとなった。
7G【大】サラブレイク ラブゲームブレイク 3-4サ
8G【サ】ラブゲームでキープ 
9G【大】サラブレイク ラブゲームブレイク
10G【サ】 ー

序盤からサラのタフなテニスに対し、リズムに乗れない我慢の展開が続くおおさか。中盤では、大坂のエースかミスという単調な試合展開となってしまい、精神的にサラが優位な状況となり、第7ゲームでサラが2度目のブレイクに成功する。
その後は、大坂が単調な手槐になってしまい、ポイント数・アンフォーストエラー数ともに大きく皿を下回り、第2セットを落とす。

3セット 22:40~23:10

1G【サ】大坂ブレイク 大坂、第2セットとは打って変わって、精度の高いラリーを演じ、ブレイクに成功
2G【大】40-30からキープ 
3G【サ】大坂ブレイク 30-40からブレイク 3-0大坂
4G【大】40-15からキープ 最後はドロップショットでリードを広げるキープ
5G【サ】大坂ブレイク ラブゲームブレイク 5-0大坂
6G【大】40-15からキープ

第3セット序盤、大坂はこれまでのゲーム展開とはうって変わって、つなげるところと決めにいくところの明確な切り替えをしており、安定感のあるプレーをしている。サラのタフネステニスにリズムがあってきたこと、第2セット終盤のメンタルダウンからの切り替えが相手に手を付けられないテニスとなった。見事タフネステニスのサラを下し、3回戦進出となった。

2回戦の対戦相手情報

大坂なおみの2回戦の相手はワイルドカードで出場している世界ランキング75位のソリベス=トルモとなりました。

ソリベス=トルモの特徴は粘っこいテニスです。フォアは回転をしっかりかけたムーンボールが主体で、バックハンドは強靭な下半身が可能にしている返球力の高さがうかがえ、ミスの少ない選手です。また、スライスも多用していきます。

バックハンドは浅くなる傾向がありますので、大坂なおみは緩いフォアのムーンボールや浅くなったバックハンドのボールをしっかり責め立てることができるかが勝負のカギとなりそうです。

スポンサーリンク

大坂なおみ1回戦速報|マドリード・オープン2019女子

大坂なおみ選手の初戦は5月5日に初戦を迎えます。

対戦相手は世界ランキング33位のチブルコワ選手となりました。

5月5日 18:00試合開始予定

大坂なおみ VS チブルコワ

選手   1S 2S 3S
 大坂なおみ【1】 2 6 7  
チブルコワ 0 2 6  

 

1セット 18:10~18:53

大坂サービススタート

1G【大】0-30からストロークのウィナー4本を含み、デュースの末キープ
2G【チ】40-15からキープ チブルコワのストロークの調子は良さそう
3G【大】チブルコワブレイク 30-40となると3度ブレイクポイントを握られ、最後は大坂のミスでブレイクを許す 2-1チブル

序盤はチブルコワがストローク戦では押している状況。大坂はサーブが好調だが、ストローク戦になると常にチブルコワが先に仕掛け、劣勢を強いられている展開。
エースは大坂の方が多いが、カウンターでのエースが多く、ゲームはチブルコワが支配している。

4G【チ】大坂ブレイク 30-40と大坂ブレイクチャンスを握ると、大坂が得意とするセカンドサーブを前につめてのリターンエースでブレイクに成功
5G【大】40-30からキープ 大坂が今までとは違いチブルコワを左右に振る展開がみられた 3-2大坂
6G【チ】大坂ブレイク 大坂のリターンがチブルコワのサーブにプレッシャーをかけているため、サーブが浅くなりリターンから大坂が攻められていた
7G【大】40-30からキープ 最後はこの試合初のサービスエースでキープ 5-2大坂  

4ゲーム目のリターンエースが大坂のリズムを良くした。チブルコワのサーブも精度を欠くようになり、中盤は大坂がゲームを支配している。

8G【チ】大坂ブレイク 大坂の3度目のデュースにチブルコワの2連続ミスでブレイクに成功

2セット 18:55~20:07

1G【大】チブルコワブレイク 大坂ダブルフォルトも含めて全体的にサーブが甘くなる
2G【チ】チブルコワキープ チブルコワはファーストに苦戦しセカンドを大坂がたたく展開でゲームが進むが、チブルコワが耐える
3G【大】40-30からキープ 30-30から大坂がサーブで2ポイントを奪いキープ 2-1チブル


ゲーム序盤、チブルコワは第1セットのように力でねじ伏せるテニスから、コートを縦に使い、緩急を使うテニスに変更。これが功を奏し、第2セット序盤はチブルコワ優勢でスタート。

4G【チ】チブルコワキープ 大坂はミスはしたがドロップショットを織り交ぜたり左右に大きく振るなど、変化が見られたリターンゲーム、次に期待
5G【大】40-30からキープ この試合初めて簡単にキープ 3-2チブル 
6G【チ】チブルコワキープ 大坂0-30とリードするも、2度のデュースの末取り切れず 
7G【大】40-15からキープ スライスサーブで2本のエースを奪い、簡単にキープ 4-3チブル 

第1セット同様、中盤は大坂がゲームを支配。だが、チブルコワが耐えて耐えてなんとかキープをしており、なかなか崩せない。大坂はリターンゲームでゲームごとに戦略を変えているが決めきれず。ただ、ペースは大坂なので、どこかでブレイクをすれば、そのまま流れを大坂のものにできそうな試合展開となっている。

8G【チ】大坂ブレイク 15-40からチブルコワのダブルフォルトで大坂がブレイクし、タイに戻す
9G【大】40-30からキープ 30-30からこの日6本目となるサーブスを決め、キープ 5-4大坂
10G【チ】40-30キープ チブルコワがドロップショットを連発し、キープ
11G【大】40-30キープ 前の嫌なゲーム展開となっていたが、しっかりとキープに成功 6-5大坂
10G【チ】40-30キープ タイブレークへ

~タイブレーク~
大0-1チ チブルコワミニブレイク
大1-1チ 大坂ミニブレイク
大2-1チ 大坂ミニブレイク
大3-1チ
大3-2チ チブルコワミニブレイク
大4-2チ 大坂ミニブレイク
大5-2チ 大坂ミニブレイク 
大5-3チ チブルコワミニブレイク
大5-4チ チブルコワミニブレイク
大5-5チ
大6-5チ 大坂ミニブレイク 
大6-6チ チブルコワミニブレイク
大7-6チ 
大8-6チ
 

初戦の対戦相手(チブルコワ)情報

チブルコワはスロバキアの選手でプロ生活15年のベテラン選手です。

現在はランキング33位でしたが元4位を記録しており、161㎝と小柄ながらもパワーテニスを得意とし実力のある相手です。

大坂なおみとチブルコワの対戦成績は1勝0敗で大坂が勝ち越しています。直近の2018年東レが初対戦となった両者は、大坂なおみが6-1 6-2のストレートで圧倒して勝利をしています。

大坂なおみ同様、クレーよりはハードコートを得意とするチブルコワ。先週の試合で大坂なおみはクレーに順応したプレーを見せていただけに、しっかり実力を出して対戦してもらいたいですね。

ドロー結果|マドリード・オープン2019女子

スポンサーリンク

 

大坂なおみの放送予定|マドリード・オープン2019女子

DAZNでは、大坂なおみ独占放送を公言しており、今回のマドリードオープン2019女子もLIVEで放送予定となっています。

大坂なおみを全試合観れる?DAZNの登録・視聴方法

※詳しい日程が出次第、掲載してまいります。

1回戦 5月4日(土) 18:00~
5月5日(日) 18:00~
2回戦 5月6日(月) 19:00~
5月7日(火) 19:00~
3回戦 5月8日(水) 19:00~
準々決勝 5月9日(木) 19:00~
準決勝 5月10日(金) 21:30~
決勝 5月11日(土) 03:00~
※決勝ライブ放送を12日の1:30~放送する予定となっています。
 
大坂なおみをリアルタイムで見よう!
 

※錦織圭のマドリードオープン速報はこちら

錦織圭 マドリードオープン2019の速報・試合予定・ドロー結果
5月5日から本選の1回戦が始まるムチュア・マドリード・オープン2019に錦織圭選手が第6シードとして登場します。 錦織圭選手は昨年1回戦敗退となっていますので、ポイントを稼ぐチャンスとなっています。 錦織圭選手のマドリードオープンの速報...

大坂なおみの見どころ

 

昨年のマドリード・オープン2018女子大会では、ノーシードで臨んだ大坂なおみ選手の初戦でしたが当時世界ランキング28位のシューアイ選手に1-6 5-7のストレートで初戦敗退となっています。
プレミア・マンダトリーのポイントは以下のようになりますので、今年は勝ち上がるほどにポイントを加算されることとなります!

優勝 1000P 準優勝 650P ベスト4 390P ベスト8 215P 3回戦 120P 2回戦 65P 1回戦10P

第1シードでの出場が濃厚となるため、3回戦まではシード選手と当たらずに済みますし、前週のバルセロナオープンでもベスト4と好成績を残していますので、期待がかかる大会となります。

※先週の大坂なおみ
【大坂なおみ準決勝】ポルシェ・グランプリ2019の速報・結果・試合予定

 

コメント