全豪オープンテニス2019の展望と優勝予想~錦織圭の優勝の可能性は?~

コラム
【トピック】全豪後のランキング考察

 

2019年一発目のグランドスラム「全豪オープンテニス」が1月14日に開幕となり、10日にドローの発表がありました。日本からは錦織圭選手が第8シード、大坂なおみ選手が第4シードとなり、優勝を目指して挑みます。

そこで、誠に勝手ながらテニスコーチを職業とする当サイト管理人SKが、ドローの組み合わせや選手の状態、対戦の相性、大会の相性などを加味して大胆にも全豪オープン2019の展望を予想してみたいと思います。

この記事では男子に注目しドロー山(ジョコビッチ山・ナダル山・フェデラー山・ズベレフ山)ごとの注目試合や展望・優勝予想をしていきます。

個人的な見解となりますので賛否はあるかとは思いますが、最後まで読んでいただけれるとうれしいです。

※各社が出している優勝オッズは全く関係なく、あくまで個人的な予想となりますのでご了承ください。

 

スポンサーリンク

 

 

 

全豪オープン2019シードの振り分け

 

1月10日に行われえたドローセレモニーで下記のようにシードが振り分けられました。

ご覧の通り、錦織選手は見事天敵ジョコビッチ山を引き当ててしまいましたね。デルポトロ選手の欠場によって第8シードになったため、組み合わせ次第では?と思いましたが、、、最も引くたくない位置になってしまいましたね。トップハーフのもう一方4大大会ではいまだ納得のいく成績を残せていないズベレフの山は、シード以外にもワウリンカ選手やキリオス選手などのつわもの揃いとなっています。

ボトムハーフでは、2017年の決勝で見事な復活をとげ素晴らしい戦いを演じたフェデラー選手とナダル選手がベスト4で当たるドローとなりました。ここ最近非常に調子のよいアンダーソンや4大大会タイトルを持つチリッチ、復活の年にしたいディミトロフ選手やイズナー選手がこの二人に割って入れるか!という構図になってきそうです。

それでは、各山の展望を見ていきましょう。

※全体のドローをご覧になりたい方は【錦織圭】全豪オープン2019ドロー|試合予定・放送予定・出場選手をご覧ください。

 

ジョコビッチ/錦織山|ジョコビッチVS錦織

 

若手活躍の先陣を切るメドベージェフやベテランとなるフォニーニなどもジョコビッチ/錦織の山。ですが、ジョコビッチは負けにくいテニスをしますので、順当に上がってくることが予想されます。錦織選手も昨年の全米オープン以降良い状態をキープしていて、格下に負けないテニスができていますので、この山は順当にジョコビッチVS錦織となってくるでしょう。

錦織選手はジョコビッチを破れば優勝が見えてきますが、ここ最近の両者の対戦はジョコビッチが圧倒していますので、非常に厳しい戦いとなることと思います。

錦織VSジョコビッチの対戦成績や相性

ただ、優勝を目指すのであればベスト8でジョコビッチと対戦できるのは良いことです。ベスト8で戦えることによるフィジカルの面の心配や仮に勝利をした際は自信をもってその後の試合に臨めますので、勝利を願うだけです。

 

ナダル/アンダーソン山|ベスト16でアンダーソンVSイズナー

ナダルの山ですが、昨年のATPファイナルズ欠場から怪我の具合がどうなのかがきになるところですが、万全の状態であればほぼ間違いなくベスト8までは勝ち進むでしょう。

注目は、もう一方の試合アンダーソンVSイズナーですね。ともにビックサーバーでもある二人は2018年のウィンブルドン準決勝で6時間36分の死闘を演じました。対戦成績はアンダーソン4勝、イズナー8勝とイズナーが勝ち越していますが、アンダーソンのここ最近のストロークの安定した制度を考えるとアンダーソンに軍配があがると予想します。

 

フェデラー/チリッチ山|引退発表をしたマレーの行方は?

 

フェデラーは4回戦でモンフィスとの対戦が予想されます。運動能力抜群、予想を裏切るプレーの連続で有名なモンフィスはフェデラー相手に4勝(9敗)しています。フェデラーにとっては第一関門となりそうです。ここを勝ち進んだ後は若手のチチパス、バシラシビリの両選手のどちらかと対戦になりそうですが、年明けに出場したホップマンカップでのプレーを見る限り、フェデラーが順当に勝ち進むと予想します。難敵はモンフィスですね。

もう一方では、第6シードのチリッチが有力ですが、つい先日引退表明をしたA.マレー選手がこの山にいます。体の具合は深刻な状況のようですが、かつてのビック4!期待してしまいますよね。

 

ズベレフ/ティエム山|「激戦?」波乱の予感

 

最も波乱の起きそうな山がズベレフ/ティエムの山です。

まずはティエムの方からですが、ベスト16のコリッチ(チョリッチ)戦までは順当に両者が勝ち進むでしょう。ここ最近の対戦では2試合連続でフルセットまでもつれ込んでいます。2つともティエムが勝利していますが、ATPファイナルズでの調子からどこまで立て戻しているかによってですが、コリッチ優勢とみます。

そしてズベレフのほうですが、16シードラオニッチのほかにキリオス・ワウリンカ・ソックなど実績や難癖の多い選手や昨年ベスト4まで進んだ24シードのチョンヒョンもいる死のグループとなりました。実力で言えばズベレフとなりますが、なにせズベレフは4大大会では好成績を収めておらず早期敗退なども目立ちます。ちなみに昨年のグランドスラムは全米3回戦・全仏準々決勝・ウィンブルドン3回戦・全米3回戦という結果…。経験豊富なラオニッチあたりがこの山を勝ち抜くのではないかと予想しています。

ベスト8以降の対戦予想

SKが予想するベスト8は以下の通りとなります。

ジョコビッチ【1】VS錦織【8】

ラオニッチ【16】VSコリッチ【11】

フェデラー【3】VSチリッチ【6】

ナダル【2】VSアンダーソン【5】

これを踏まえ、トップハーフ・ボトムハーフのベスト8以降の展望をみていきます。

 

トップハーフ

 

同じ日本人として錦織選手がジョコビッチに勝つ!と言いたいですが、正直厳しい戦いとなりそうです。最近の錦織選手の調子を加味しても7:3でジョコビッチかなと思います。ですが、ジョコビッチ戦を越えれば優勝がぐっと近づくと考えていますので、錦織選手がジョコビッチに勝った際は錦織優勝を公言します!

もう一方では、僕の予想ではトップシード全滅と大胆な予想をしてしまいましたが、ラオニッチが勝ち上がった場合は1回戦でキリオス・2回戦でワウリンカ・3回戦でチョン・ヒョン・4回戦でズベレフに勝利していることになりますので、勢いは間違いなくコリッチよりもラオニッチにあります。ビックサーブであることからも省エネで試合をこなしてきてるとも思いますので、フィジカル面でもラオニッチは問題ないと踏み、ストローク戦に強みを出せるコリッチとはラリー戦にならずにサーブで押せるラオニッチが6:4で優勢と予想します。

 

準決勝ではジョコビッチVSラオニッチと予想します。

※何度も言いますが、錦織選手がジョコビッチに勝てば錦織優勝です!!

 

ジョコビッチとラオニッチでは、ジョコビッチが9:1で優勢とみます。ここは、ゆるぎないですね。トップハーフでジョコビッチに立てる見込みがあるのは錦織選手かシードを守り向いて勝ち上がった場合のズベレフの2人と思いますので。

 

ということで、トップハーフからはジョコビッチが決勝進出と予想します。

 

ボトムハーフ

 

ボトムハーフは非常に面白そうです。まずは、フェデラーVSチリッチ。昨年の全米決勝で対戦した両者ですが、その時はフェデラーがフルセットで破り優勝しました。その両者が準々決勝で対決となりますが、8:2でフェデラーかなと思っています。というのも過去の対戦成績は9勝フェデラー・1勝チリッチとなっており、いわばジョコビッチと錦織選手みたいなもの。フェデラーの優勢は動かないでしょう。

ナダル対アンダーソンの方も、過去成績から見てもナダル5勝・アンダーソン0勝となっており、ストローク戦で圧倒的に優位に立てるナダルが8:2で優勢とみています。ということで

 

準決勝はフェデラーVSナダルと予想します。

 

両者の対戦は幾度となく行われていますが、毎度どちらが勝つか予想なんてできません。クレーではナダルが圧倒的に優勢ですが、ハードでの対戦成績は両5分となっています。フィジカルではナダルが優勢ですが、SKは6:4でフェデラーとみます。決め手は、ここ最近ナダルは真剣勝負から遠ざかっているいるためです。昨年のパリマスターズ欠場から2か月以上もの間ツアーから離れていますのでこの差はでかいと思っています。

 

決勝予想「ジョコビッチVSフェデラー」

 

フェデラーが3連覇を成し遂げるか、はたまたジョコビッチが全豪でのここ数年のふがいない成績(2018年4回戦・2017年2回戦)を打ち破り優勝をするのか、これまた予想できない対戦です。と言いますか、ジョコビッチ・ナダル・フェデラーは誰が勝っても負けても素晴らしい試合でした!という風にここ10年なっているんです。いまさら予想なんてできませんよね。

ですが、優勝予想と言ってしまった以上、誠に恐れ多くも予想させていただきます。

結論から言いますと

フェデラー優勝!

 

です!フェデラーの全豪の強さは規格外です。ここ数年のリフレッシュ期間後のフェデラーは異常なまでの強さ。昨年のATPファイナルズでも練習を試合期間にもかかわらずあえて練習をせずに休養にあてた翌日は圧倒的な強さでした。全豪3連覇というのもモチベーションを上げる1つの要因となりそうですし、ジョコビッチ一時代に待ったをかけるのはまだまだフェデラーやナダルだと思っています(錦織選手がジョコビッチに勝てれば錦織選手の優勝です!!)そういった期待も込めてフェデラー優勝と予想させていただきます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

かなり主観が入った全豪オープン2019の展望、優勝予想でしたがここまで読んでいただきありがとうございます。こうしてグランドスラムの優勝予想をするのも楽しみ方の1つですよね。

個人的にはジョコビッチ一時代に割って入るのはズベレフか錦織選手だと思っています。ズベレフ山では「なんだよ、その予想は」というような予想をしていますが、ズベレフがいままでのグランドスラムでの壁をぶち破って勝ち上がった場合は、ベスト8以降のトップハーフはボトムハーフ以上に見ごたえのある試合が繰り広げられると思っています。

フェデラー・ナダルは2019年も男子を引っ張っていけるのか、はたまたジョコビッチの一時代が来てしまうのか、それに待ったをかけ錦織選手やズベレフ・その他の中堅から若手がトップをかき回せるか…

2019年のスタートとなる全豪オープンの優勝予想、みなさまもぜひやってみてください。また、全豪オープンの試合予定や錦織圭の速報などの記事リンクを下記に張っておきますので、ぜひチェックしてみてください。

 

ツイッターでは最新情報やテニスのコツなどお届けしています。ぜひ、フォローお願いします。

 

おすすめ記事

 

\こんな記事もあります/

テニスの疑問や悩みを解決!!

テニスを始めたい方へ!!

圭やなおみの対戦成績も!!


\SKのレッスン情報/

画像の説明文

コメント